ドラマ&映画 カテゴリ

橋本環奈、AbemaTVで連ドラ初主演 究極の片思いラブストーリー「キュンキュンする所を感じて」

 女優の橋本環奈(19)が、来年2月18日から6週にわたってAbemaTVで放送されるドラマ『1ページの恋』(毎週月曜 後11:00)で連続ドラマ初主演を飾ることが13日、わかった。絵を描くことが好きな主人公・水瀬あかり役を務め、板垣瑞生濱田龍臣古川雄輝らが演じる全くタイプの異なる3人の男性と究極の片思いラブストーリーを繰り広げる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、次世代の才能発掘を目的としてAbemaTVが開催した『NEXT CREATOR'S COMPETITION2017』にて、応募総数約600の中から「10代〜20代の若い女性を熱狂させる恋愛ドラマ」というテーマで「シナリオライター賞」大賞を受賞した作品を映像化するもの。

 17歳の冬、水瀬あかり(橋本)が家族旅行で訪れた宇木島で出会った森田郁巳(板垣)と、運命的な恋におちる所から物語は始まる。4年に1度だけ見られるセレネ座流星群の下で、2人は再会を誓った。それから4年が経ち、夢に向かって頑張る親友・小橋奈津菜(大野いと)などに囲まれて大学生活を過ごしながらも、あかりは運命を感じた初恋の相手・郁巳に対しての想いを諦められずにいた…。

 そんな彼女にアプローチして来るのは、いつも側にいる優しい幼なじみ・乾大和(濱田)と、女性の扱いが上手く刺激的な大人の男性・星野有利(古川)。3人の男の間で翻弄されながらも、最後にあかりが選んだのは、絶対に報われない恋だった(?)。

 連ドラ初主演の大役に橋本は「自分にとって10代最後のドラマとなる本作品で演じる水瀬あかりという役は、絵を描くことが大好きな優しくてすごくピュアな女の子です」と役柄を説明。「運命的に出会った島の男の子の郁巳くんに何年間も片思いし続けることは単純にすごいことだなと思いますし、10代、20代の女性がみた時に共感できる部分や、心が洗われるような、透き通るような感覚が伝わるといいなと思っています。きっと誰にでも通じるキュンキュンする所をドラマを通してぜひ感じてもらいたいです」と呼びかけた。

 地上波でも放送が決定しており、KBC(九州朝日放送)においてAbemaTVの放送からおよそ1週間後の2月22日(金)深0:20より毎週放送される。

関連写真

  • 連続ドラマで初主演を務める橋本環奈=ドラマ『1ページの恋』の場面カット写真 (C)AbemaTV
  • 連続ドラマ『1ページの恋』の場面カット写真 (C)AbemaTV
  • 連続ドラマ『1ページの恋』の場面カット写真 (C)AbemaTV
  • 連続ドラマ『1ページの恋』の場面カット写真 (C)AbemaTV
  • 連続ドラマ『1ページの恋』の場面カット写真 (C)AbemaTV
  • 連続ドラマ『1ページの恋』に出演する橋本環奈 (C)杉江拓哉
  • 連続ドラマ『1ページの恋』に出演する古川雄輝
  • 連続ドラマ『1ページの恋』に出演する大野いと
  • 連続ドラマ『1ページの恋』に出演する板垣瑞生
  • 連続ドラマ『1ページの恋』に出演する濱田龍臣

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索