アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』“異次元”の右肩上がり 4週連続で前週超えの大ヒット

『ボヘミアン・ラプソディ』“異次元”の右肩上がり 4週連続で前週超えの大ヒット

 伝説のバンド・クイーンのフレディー・マーキュリーの生きざまを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、公開4週目の週末興行ランキング(12月1日&2日)で前週比126%を記録した。11月9日の公開から4週連続で興行収入が上がり続ける“異次元”の快進撃を続けている。

 12月1日&2日には558スクリーンで上映され、動員40万3776人、興行収入4億9604万円をあげた。オープニング週末の140%という好記録で、累計動員243万4670人、累計興収は33億2358万円に達した。

 公開週末から4週目週末まで興行収入が上がり続ける現象は、『アナと雪の女王』(2014年3月公開)や『君の名は。』(16年8月公開)など累計興収が250億円を超えた大ヒット作でも起こらなかった。『ボヘミアン・ラプソディ』は異次元の右肩上がり興行となっている。

 12月1日は「映画の日」で朝から終日満席・完売が続出し、若い世代〜クイーン世代、リピーターを中心に幅広い層が劇場に駆けつけ、単日の興行収入は2.6億円と公開以来最高を記録した。

 本作は世界73ヶ国で公開され、全米の累計興行収入は1億6442万ドル(約186億円)、全世界累計興行収入は5億3956万ドル(約609億円)を記録。全米では『ストレイト・ アウタ・コンプトン』(15年)を抜き去り、音楽映画の歴代興収No.1となった。

 日本でも世代を超えた大ヒット作として、各メディアで特集が組まれており、サントラの売上も好調。12月1日のオリコンデイリーアルバムランキングでは、7度目の1位に輝いた。



関連写真

  • 4週連続で右肩上がりを記録した『ボヘミアン・ラプソディ』(C)2018 Twentieth Century Fox
  • 4週連続で右肩上がりを記録した『ボヘミアン・ラプソディ』(C)2018 Twentieth Century Fox

オリコントピックス