アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 中川大志、弁護士役に初挑戦 竹内結子ら“破天荒”リーガルチームに加入

中川大志、弁護士役に初挑戦 竹内結子ら“破天荒”リーガルチームに加入

 俳優の中川大志が来年1月10日スタートの女優・竹内結子主演フジテレビ系木曜劇場『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(毎週木曜 後10:00※初回15分拡大)で弁護士役に初挑戦することがわかった。この他、危機管理を専門にする異色の弁護士・氷見江が率いる破天荒なリーガルチームの一員として、同じく弁護士役初挑戦となる水川あさみ、法律事務所の副所長役にバカリズム、謎多き事務員役に斉藤由貴らが起用された。

 同ドラマは情報を操作し裏で社会を動かす“スピン・ドクター”と呼ばれる人間を日本で初めて題材にしたオリジナル・ストーリー。氷見のもとに舞い込んだパワハラ、セクハラ、名誉棄損、損害賠償などの問題を解決すべく時に周囲や世論を振り回し、時に周囲や世論に振り回されながら、人心掌握、情報操作など特殊なテクニックを駆使して、氷見やその仲間たちが奔走する姿を描く。
 
 中川演じる駆け出しの弁護士・藤枝修二(ふじえだ・しゅうじ)は端麗な容姿とアメリカでも最難関のロースクール出身という華やかな経歴を持つ一方、どこか抜けており、鈍くさいミスをすることもしばしば。しかし、困っている人を助けたいという思いは人一倍強く、氷見の仕事に圧倒されながらも懸命についていこうとするキャラクターだ。

 中川は「今まで学生役が多かった自分が、今回初めて連続ドラマでスーツを着た大人の役を演らせていただけるという事で、とてもうれしく新鮮な気持ちです」とコメント。「藤枝というキャラクターを作っていく上で、いろいろなアイデアが湧き出てきて、監督と相談しながら、1話からいろいろな面が出せたと思います。法律事務所のお姉さん達に振り回されながらも、負けじと食らいつく藤枝を視聴者の方に応援していただけたらうれしいです」と意気込んでいる。

 このほか同僚の弁護士で氷見の“右腕”与田知恵(よだ・ちえ)に水川、舞い込んできた仕事は基本的に氷見たちに丸投げするおぼっちゃまな副所長の鈴木太郎(すずき・たろう)にバカリズム、バツイチ子持ちで喜怒哀楽をほとんど見せず、マイペースに事務作業をこなす一方、高度なハッキング技術を持ち、氷見から要望があればフェイクニュースを作り上げる事務員の真野聖子(まの・せいこ)に斉藤。個性的な登場人物が物語に華を添える。

 竹内はすでに共演シーンを撮影し「キャストの方が私の大好きな方々ばかりで、皆さんのお芝居を見ていると本当に面白いし、私も頑張ろうと思いました」とすっかりチームが気に入った様子で話しているという。



オリコントピックス