アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 三遊亭好楽、『ドロ刑』SPゲスト出演 主演の中島健人は「最高でした」

三遊亭好楽、『ドロ刑』SPゲスト出演 主演の中島健人は「最高でした」

 『笑点』の大喜利メンバーとして落語家・三遊亭好楽が、10日放送の日本テレビ系連続ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(毎週土曜 後10:00)第5話にゲスト出演する。空き巣の常習犯“白昼の蝙蝠(こうもり)”東村洋介としてプロの大泥棒役に起用された好楽は「『大』泥棒というのがうれしい。『大』とか付くと結構単純に嬉しくなっちゃいますよね」と、まんざらでもない様子でコメントを寄せている。

 同ドラマは、中島健人Sexy Zone)演じる新米落ちこぼれ刑事・斑目勉と、遠藤憲一演じる伝説の大泥棒・煙鴉という立場も世代も違う2人がバディを組み、時に協力し合い、時に反目しながら数々の難事件と難敵に挑んでいく痛快クライムエンターテインメント。

 東村は長年「空き巣」を生業としてきたプロの大泥棒。昼間の明るい時間帯に、堂々と空き巣に入る手口にこだわりを持ってきた。一見すると、好々爺然とした、一人暮らしで孤独な老人に見える東村と、ひょんなことから仲良くなってしまう斑目が触れた、東村の心情と真意とは。引退したかともうわさされた東村がなぜ再び動き出したのか。果たして、謎に包まれた空き巣東村の正体と真相とは…。

 今回のオファーを受けた理由について「最近、若い落語家の後輩たちも映画に出たりドラマに出たりと、多分野で頑張っていて、若い奴が頑張ってるのに、こっちがひるんでちゃいけない。俺もやってやろうなんて思って今回のお話を受けました」と説明。

 「台本を読んで、まずこんなに出演シーンが多いのかとビックリしました。今までは、だいたい掃除係とか豆腐屋とか一瞬で終わるシーンに呼ばれることはあったが、こんなにたっぷりとお芝居をやったことはないので、正直に言うと最初は自信がなかった」と不安もあったそう。

 一方で、主演の中島については「現場に入ってみたら斑目刑事が実によかった。優しくて愛嬌があって。中島健人さんご本人も素晴らしかった。自然体で親しく接してくれて、おかげで、昔からの知り合いのように最初から演じられました。最高でした」と絶賛。「『この役は俺じゃなくてもいいんじゃない?』ってわざと振ると『いや、これは師匠じゃなきゃダメなんです』なんて即座に返してくれて和気あいあいとやれました」と歓迎を喜んでいた。



オリコントピックス