ドラマ&映画 カテゴリ

池内博之 “天才料理人役”で目標は「目を閉じて千切り」

 俳優の池内博之が23日、都内で行われた日中合作ドラマ『料理人ワタナベ』製作発表会見に出席した。劇中で“天才料理人”役を演じる池内は「どこかのタイミングで料理学校に行こうかな」とやる気十分。最終的には目を閉じながら千切りをしたい。脚本にもあるんですけどできるのかな? リアルにやったらすごいだろうなって。行き着く所は目を閉じて千切りですね」と目標を掲げた。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは全10話、無実の妻殺しの容疑をかけられた天才料理人のワタナベ(亘鍋篤)が全国を逃亡しながら、逃亡先で出会うおいしい食材と人生に迷う人々の手助けをしていくグルメコメディー。ワタナベを追う出口刑事を岸谷五朗、中国で30店舗を構える若きオーナーシェフでワタナベの逃亡の手助けをする謎の女性・一琳を中国人女優の尚語賢が演じている。

 全10話、全5地域、1地域2話で構成。食を中心に、各地の地域的特性を浮き彫りにしながらその特性が生んだ魅力や優位性に注目して伝えていくコンテンツとなっている。池内に対抗(?)して、いつも食べることに気を取られてワタナベを取り逃がしてしまう出口刑事を演じる岸谷は「最終的に(目標は)目を閉じて食べる!」と笑わせると、池内も「岸谷さん、ずっと食べてる」と指摘。岸谷は「ごめんね、いい役をありがとう」と役得にニンマリしていた。

 池内は「基本的に鳥料理がすきで身体を維持するのにいいじゃないですか。まとめてに煮込んで、冷蔵庫にいれてスープと分けてバンバンジーにしたりタコスにしたり…そういうのを趣味としてやっています」とプライベートでの料理男子ぶりをチラリ。ドラマがもしシリーズ化して海外進出したらどこに行きたいかという話題では岸谷が「中華は絶対おいしい」と目を輝かせると、得意料理の“タコス”にかけて「本場南米まで行きたいですね」とノリノリだった。

 このほか門馬直人監督が登壇した。2019年世界配信予定でプラットフォームは後日発表される。

関連写真

  • 料理人を演じるにあたっての目標を語った池内博之 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)門馬直人監督、岸谷五朗、池内博之、尚語賢 (C)ORICON NewS inc.
  • 日中合作ドラマ『料理人ワタナベ』製作発表会見に出席した岸谷五朗 (C)ORICON NewS inc.
  • 日中合作ドラマ『料理人ワタナベ』製作発表会見に出席した尚語賢 (C)ORICON NewS inc.
  • 日中合作ドラマ『料理人ワタナベ』製作発表会見に出席した門馬直人監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索