アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 神田正輝、TBS連ドラ15年ぶりに出演 『下町ロケット』新シリーズに参戦

神田正輝、TBS連ドラ15年ぶりに出演 『下町ロケット』新シリーズに参戦

 俳優の神田正輝が10月スタートのTBS系日曜劇場『下町ロケット』(毎週日曜 後9:00)に出演することがわかった。同局の連ドラ出演は2002年〜03年放送『渡る世間は鬼ばかり』第6シリーズ以来、15年ぶり。神田は、新シリーズからの追加キャストとして杉良太郎演じる藤間が社長を務める帝国重工の次期社長候補・的場俊一役に起用。神田は「3年前に大きな話題となった『下町ロケット』に新たに参加できること、また、このような重厚な共演者の皆様方とご一緒させていただくこと、大変うれしく思います」と喜びを語った。

 同ドラマは15年の10月期に放送し好評を博した『下町ロケット』の新シリーズ。第145回直木賞を受賞した池井戸潤氏の小説『下町ロケット』シリーズの第3弾『下町ロケット ゴースト』(小学館)を原作に、佃製作所メンバーの新たな戦いが始まる。藤間と宇宙航空開発部部長・財前(吉川晃司)は、帝国重工を宇宙航空分野で世界のリーディング・カンパニーにすることを目標に、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を立ち進めてきたが、的場はこの計画に懐疑的。ロケット開発計画に反対する“反藤間派”として不穏な動きを見せる。次期社長候補の筆頭で、藤間と財前を追い込んでいく役どころだ。

 神田は「佃製作所や帝国重工に関わる全ての人物が、信念を持って仕事に取り組んでいます。そんなそれぞれの思いのぶつかり合いによってできる壮大なドラマを視聴者の皆さまにお届けし、明日への活力にしてもらえるよう、日々撮影に臨んでおります。どうぞご期待ください」とアピールしている。

 伊與田英徳プロデューサーは「今回、財前の元上司でありながらも、藤間社長が推し進めてきた大型ロケット計画に反対する的場俊一という、またまた魅力的なキャラクターが出てきました。そんな絶対的な存在である次期社長候補・的場役には、この方しかいないと思い、思い切って神田正輝さんにオファーをさせていただきました」と起用理由を説明。「以前から一緒にお仕事したいと思っていた方で、念願がかない大変うれしく思います。ダンディーな神田さんが、この敵役ともいえるこの的場をどう演じていただけるのか、今からわくわくしております。パワーアップした帝国重工のシーンになると確信しています」と手応えをにじませている。

 このほか、佃製作所の大口取引先のひとつである「ヤマタニ」の調達部長・蔵田慎二役に、お笑いトリオ・我が家坪倉由幸、トランスミッションメーカー・ギアゴーストの社員で佃製作所のメンバーと深く関わっていく柏田宏樹役に馬場徹、佃製作所とコンペで競う大森バルブの営業部長・辰野役に六角精児が決定。さらに、大手トランスミッションメーカー・ケーマシナリーの知財部長・神田川敦役を内場勝則、米農家である殿村(立川談春)の父・殿村正弘役を山本學、そして、ギアゴーストの顧問弁護士・末長孝明役に中村梅雀がキャスティングされている。



オリコントピックス