• ホーム
  • 芸能
  • 佐野史郎、“連ドラ初主演”台本読んでから気付く「鳩が豆鉄砲を食ったよう」

佐野史郎、“連ドラ初主演”台本読んでから気付く「鳩が豆鉄砲を食ったよう」

 俳優の佐野史郎(63)が29日、都内で行われた6月2日スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『オトナの土ドラ 限界団地』(毎週土曜 11:40※全8話)制作発表会見に出席。今回が自身初の連ドラ主演となる佐野だが「(主演を知った時には)本当に鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしていたと思います。最初、マネジャーからは『土曜の深夜のサスペンスドラマやるから』くらいしか聞いてなかったので、台本を読むとやけにせりふ多いなと思って、本当に知らなくて、何か出番が多いぞと思ったらっていう感じで聞いたら、そういうこと(主演)だと。それを言わないマネジャーもどうかと思いますよね」と主演だと知らずにオファーを受けたと明かした。

【写真】その他の写真を見る


 続けて「聞いた時は、まだ実感がないというか他人事のような…正直な話、連ドラの主演をやりたいと思ったこともないし、やれるとも思わないし、『コンフィデンスマンJP』のゲスト主役をやった時にも、この回で視聴率が下がると大変なことになるぞという、プレッシャーがすごいというのは俳優部としてはわかっているつもりだったので、それが連ドラの主演になると…」とポツリ。「引き受けたからにはやっていかなければという思いで最後まで駆け抜けようと思っています。まさかこの歳になってミシンを踏むとも思わないし、走ったり、太極拳をやったりと運動量もすごいので、とても規則正しい生活をしています」と手応えもにじませた。

 かつて『ずっとあなたが好きだった』(1992)で演じた桂田冬彦役で“冬彦さん”旋風を巻き起こした佐野だが、今回は狂気に満ちた謎の老人・寺内誠司を怪演。「どうしてもそのことを期待されていることもわかりますが、大きく違っているのは、僕は今でも冬彦は何も悪いことはないと思っているんです。彼の中では素直に好きな女の人のことを思っていただけなんだけど、今回の寺内さんは折り合いのつかない社会に対して打って出ている」と役の違いを明かした上で「僕は俳優というのは、その役の弁護士みたいなものじゃないかと思っていて。普通は(役の)言い分というのをなんとか弁護してあげたいっていうのがありますが、この人はちょっと弁護のしようがないところもあります」と語った。

 共演する女優の足立梨花(25)は、寺内のとなりに住む1児の母・桜井江理子を演じる。佐野は、足立が“団地妻”を演じるにあたってのイメージ作りに役立てばとの思いから、今作に出演している山谷初男が出演していた映画『胎児が密猟する時』や、江波杏子が女子大生を演じている『女は二度生まれる』のDVDを貸したそうだが「足立さんに向かって『団地妻』って言うのは、ちょっと犯罪ですよ。かつて、1970年代に白川和子さんや宮下順子さんと同じ役柄であるわけですから。実際に今回はロマンポルノのシーンもありますし…。そういう世界のヒーローやヒロインが今回いらっしゃるので、若きヒロインとしてその時代の空気というものを感じてほしいと思ったので」と言葉に力を込めていた。

 『火の粉』(2016)、『真昼の悪魔』(2017)に続く同枠の心理サスペンスストーリー。かつての夢のニュータウン団地に寺内が孫娘を連れてやってくるところから惨劇が幕をあける。「人に必要とされたい」「孫娘のためならどんな犠牲もいとわない」…穏やかな笑顔を見せる老人の入居を機に、不審な連続孤独死や規則を乱す住人を襲う不幸など、偶然とは思えない不可解な出来事が起きはじめる。孫娘へ注ぐ異常な愛情、古き良き団地への執着を持つ寺内の恐ろしい本性が次第に周囲を巻き込み、不穏な方向へ転がっていく。

 会見にはそのほか、迫田孝也山崎樹範も出席した。



関連写真

  • 初の連ドラ主演となった佐野史郎=フジテレビ系連続ドラマ『オトナの土ドラ 限界団地』制作発表会見 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)迫田孝也、足立梨花、佐野史郎、山崎樹範=フジテレビ系連続ドラマ『オトナの土ドラ 限界団地』制作発表会見 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系連続ドラマ『オトナの土ドラ 限界団地』制作発表会見に出席した足立梨花 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系連続ドラマ『オトナの土ドラ 限界団地』制作発表会見に出席した迫田孝也 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系連続ドラマ『オトナの土ドラ 限界団地』制作発表会見に出席した山崎樹範 (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系連続ドラマ『オトナの土ドラ 限界団地』制作発表会見に出席した(左から)足立梨花、佐野史郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス