• ホーム
  • 芸能
  • 【ニコニコ超会議】背徳感溢れる尼姿 『FGO』殺生院キアラに扮した美脚レイヤー

【ニコニコ超会議】背徳感溢れる尼姿 『FGO』殺生院キアラに扮した美脚レイヤー

 幕張メッセで、ゴールデンウィークに開催される定番イベントとなった『ニコニコ超会議2018』。12年から毎年開催され、今年は「キミの日常は、誰かの特別。」をキャッチコピーに4月28日、29日の2日間開催された。28日の初日、コスプレエリアで一際来場者の目を引いていた、背徳感溢れる尼姿をしたコスプレイヤーを発見。そんな彼女に話を聞いてみた。

 レイヤー歴4年の白鷺州あやさんは『Fate/Grand Order』のキャラクター・殺生院キアラのコスプレを披露。「衣装は5時間ぐらいで自作しました。好きなキャラになれるのが楽しいです! 友だちと『FGO』の“合わせ”をやっています」と知人数人と参加しているとのこと。尼のような衣装で身長170cmの美脚に、大胆スリットで太ももを露わにしていたが、「露出には全然抵抗ないです。夏コミだと、暑いのでほとんど水着みたいな姿で出たりもします」と心からコスプレを楽しんでいる様子。

 自作にはこだわりがあり「ウェディングドレスみたいな衣装も作ったことがあります!」とコスプレ上級者ぶりを熱く語ってくれた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



タグ

オリコントピックス