• ホーム
  • 芸能
  • 加藤浩次、6年ぶり連ドラで“怒られたい”願望明かす「『邪魔』って言われたい」

加藤浩次、6年ぶり連ドラで“怒られたい”願望明かす「『邪魔』って言われたい」

 お笑いコンビ・極楽とんぼ加藤浩次が16日、都内で22日から放送がスタートする二宮和也主演のTBS系連続ドラマ日曜劇場『ブラックペアン』(毎週日曜 後9:00)のプレミアム試写会&舞台あいさつに参加。2012年の大河ドラマ『平清盛』以来、6年ぶりの連ドラ出演となる加藤だが、自身よりもドラマの完成度の高さに驚きのコメントを口にした。

【写真】その他の写真を見る


 加藤は医療ジャーナル誌の編集長・池永英人を務める。試写会を満喫した加藤は「すごいところに来ちゃった。二宮くんに『邪魔』って言われたい」と興奮気味。6年ぶりの連ドラ出演となることを話題にされても「もうビックリしましたよ。感動しちゃって。二宮くんの首の位置ね。すげー、にらみ方をしていた。視聴者になっちゃった。重厚感がすごい!」と1話の感想が止まらなかった。

 自身の役柄については「キャラクターもよくわかっていない。いいヤツなのか、悪いヤツなのかも。台本を読み込んでいるんだけど、わかんないんだよねぇ」と本音をぽろり。「大事な役」と二宮が話すと加藤は「そうなんでしょ〜」と他人事のように話し、笑わせた。

 また、ドラマのタイトルにかけ、自身のブラックな一面を言うことに。加藤は「女性スタッフとか、女性の演者の方に『何やっているんですか』みたいなことを言われたら『うるせぇな、コノヤロー』みたいなことを言っているんですけど、心の中ではうれしい」とドMであることを改めて告白。「自分の趣味。だからカトパン(加藤綾子)には怒られたい欲求がある。『邪魔』って言われたい。メイク部屋とかで言ってください」とおねだりして、カトパンを困惑させた。

 同ドラマは海堂尊氏の小説『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)を実写化。大主人公は、学病院を舞台に天才的な手技(縫合技術)を持ちながら、傲慢な性格と言動で周囲との軋轢(あつれき)が絶えない“オペ室の悪魔”外科医・渡海征司郎(とかいせいしろう=二宮)。突如導入されることになった手術用最新医療機器・スナイプを巡る疑惑をきっかけに、渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かっていく医療エンターテインメントとなっている。

 舞台あいさつには葵わかな竹内涼真小泉孝太郎内野聖陽も参加した。



関連写真

  • 加藤浩次 (C)ORICON NewS inc.
  • “オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医役に挑戦した二宮和也 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)葵わかな、二宮和也、竹内涼真 (C)ORICON NewS inc.
  • 交際報道に無言貫いた嵐・二宮和也(C)ORICON NewS inc.
  • TBSドラマ日曜劇場『ブラックペアン』のプレミアム試写会&舞台あいさつに参加した竹内涼真 (C)ORICON NewS inc.
  • TBSドラマ日曜劇場『ブラックペアン』のプレミアム試写会&舞台あいさつに参加した葵わかな (C)ORICON NewS inc.
  • TBSドラマ日曜劇場『ブラックペアン』のプレミアム試写会&舞台あいさつに参加した加藤綾子 (C)ORICON NewS inc.
  • TBSドラマ日曜劇場『ブラックペアン』のプレミアム試写会&舞台あいさつに参加した小泉孝太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • TBSドラマ日曜劇場『ブラックペアン』のプレミアム試写会&舞台あいさつに参加した内野聖陽 (C)ORICON NewS inc.
  • 内野聖陽に女優と呼ばれ照れる加藤綾子(左)=TBSドラマ日曜劇場『ブラックペアン』のプレミアム試写会&舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • TBSドラマ日曜劇場『ブラックペアン』のプレミアム試写会&舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス