• ホーム
  • 芸能
  • 篠原涼子がついに市長に立候補?『民衆の敵』第6話予告

篠原涼子がついに市長に立候補?『民衆の敵』第6話予告

 女優の篠原涼子が主演する27日放送のフジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』第6話予告カットが到着した。新米ママさん市議の主人公・佐藤智子(篠原涼子)が始めた、あおば市議会の汚職疑惑は河原田晶子市長(余貴美子)の身に及び、河原田が市長の職を辞し、市長選で再選することで身の潔白を市民に信じてもらう道を選ぶ。犬崎和久(古田新太)派の智子は河原田の対立候補になってほしいと犬崎から頼まれる。

【写真】その他の写真を見る


 汚職疑惑は河原田の秘書の望月守(細田善彦)が自殺したことで、真相は闇に葬られようとしていた。市長選での市民の関心は河原田の対立候補、犬崎派が誰を推すか。ママ友・平田和美(石田ゆり子)に聞かれた智子はあっさり自分が頼まれたと口にする。和美に犬崎の操り人形にされると忠告される智子だが、さすがに裏があると断ったことを告げる。

 その頃、市民の陳情を一つずつ解決しようと働く智子だが、なかなかはかどらない。役所に頼んでも右から左に受け流されると悩む智子に、藤堂誠(高橋一生)は市長になれば良いと話す。智子は逆に誠が市長になって貸してほしいと頼むが、誠には智子の方が良いと思うと言われてしまう。智子は犬崎から担当職員より話が通りやすいと福祉課の部長・富田恭一(渡辺いっけい)を紹介される。早速、智子は富田と陳情元を回り出す。



関連写真

  • フジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵』第6話予告カット (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵』第6話予告カット (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵』第6話予告カット (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵』第6話予告カット (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵』第6話予告カット (C)フジテレビ
  • フジテレビ系連続ドラマ『民衆の敵』第6話予告カット (C)フジテレビ

オリコントピックス