ドラマ&映画 カテゴリ

俳優の伊原剛志が3月19日放送のフジテレビ系スペシャルドラマ『炎の経営者』(後4:00〜5:25)で同局ドラマ初主演を飾ることがわかった。1986年に経済小説の第一人者・高杉良氏が発表した“ビジネスマン必読のロングセラー”である同名小説を初のドラマ化。戦前・戦後の混迷した時期でも常に前向きに突き進んだ伝説の経営者の熱い人生を実話ベースで描いていく。伊原は後に日触化学工業と社名を変えるオキタ合成化学工業社長主人公・谷田部泰三を演じる。 谷田部はオキタ合成化学工業で戦時中に車や飛行機の塗料となる「無水フタル酸」などを製造。工学博士であり、独自技術の研究と開発にこだわり続けた。持ち前の大胆さと粘り腰、さらに強い信念をもって、さまざまな難題に立ち向かって会社を発展させるだけでなく、リーダーとして、優秀な人材の発掘・育成に力を注ぎ、部下の意見に耳を傾けながら組織を引っ張っていく、まさに“理想の経営者像”を体現する存在。

この記事の画像

  • 3月19日に放送されるフジテレビ系スペシャルドラマ『炎の経営者』メインビジュアル
  • フジテレビ系スペシャルドラマ『炎の経営者』で伊原剛志演じる谷田部泰三

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索