ドラマ&映画 カテゴリ

女優の平愛梨が20日、都内で行われた映画『呪怨 -ザ・ファイナル-』の初日舞台あいさつに出席。撮影前から「ホラーが苦手」と公言していた平は「(撮影中も)吐き気がしちゃって…」と苦笑いで振り返った。 同作は1999年の第1弾を皮切りに、これまでビデオオリジナル、劇場版、ハリウッドリメイクで計8作品が公開され、「最も怖い日本映画」として人気を博してきた『呪怨』シリーズの最終章。昨年公開された『呪怨-終わりの始まり-』(主演:佐々木希)の続編となる。

この記事の画像

  • 映画『呪怨 −ザ・ファイナル−』の初日舞台あいさつに登壇した平愛梨 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『呪怨 −ザ・ファイナル−』の初日舞台あいさつに登壇した柳ゆり菜、おのののか (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索