• ホーム
  • 芸能
  • 松原千明、元夫・石田純一の騒動に理解「かわいそうだったよね」

松原千明、元夫・石田純一の騒動に理解「かわいそうだったよね」

 タレントの石田純一(61)と女優の松原千明(57)、2人の娘のすみれ(24)が、15日に放送されたフジテレビ系『金曜プレミアム 気まずい2人が久しぶりに会ってみました』に出演。石田は26年ぶりにテレビ共演を果たした松原に謝罪し、今後はすみれの家族として交流していくことを誓い合った。

【写真】すみれが芸能活動を本格化させる前の貴重な親子3ショット


 2人は1988年に結婚。90年に娘・すみれが誕生し、順風満帆に見えたが、「不倫は文化」報道をはじめとする石田の度重なる浮気が原因で1999年に離婚し、松原はすみれとともにハワイに移住した。

 結婚中もさまざまな浮名を流してきた石田だが。松原は「役者の妻ですから」と許してきた。そんななか、唯一許せず、離婚の決め手となった事件が発生。話題となった石田の「不倫は文化」発言が報道された翌日、すみれの小学校の親子面接があり、面接官から「『不倫は文化』とは、どういうことか」と追及され、すみれは不合格となった。

 当初、騒動の大きさを考慮し、松原は自分と娘だけで面接に臨むつもりだったが、「騒動から逃げたくない」と考えた石田が、急きょ参加。松原は、その身勝手な決断が娘の将来の可能性を消してしまったことから、離婚を決意した大きな原因となったと明かした。

 石田は「一生かかっても償いきれない」と後悔したが、番組ではすみれがアメリカの名門大学に入学するための資金は石田が援助していたエピソードを紹介。すみれは「もともとは、パパが遊んでくれたおかげでハワイに行けた」とポジティブな考えを明かし、松原も「石田さんがいなくて良かった」と同意した。

 改めて松原と対面した石田は、「迷惑をかけて傷つけてしまって、ごめんなさい」と深く謝罪し、「夢を壊してしまったけど、みんなの夢は続いているので、僕なりにできることをやっていきたい」と語った。松原も大きな騒動となっていた当時を振り返り、「かわいそうだったよね」と理解を示した。

 松原は「あなたからいただいた大事な宝物がある」とすみれを見つめ、「私は何があろうとすみれの隣にいる。あなたは何年間かいなかったけど、これから一緒にいてあげて」と語りかけると、石田も「すみれをありがとう。みんなで頑張ろう」と愛娘のために、今後の関係を再構築していくことを誓った。

 最後には双方とも「仲直り」という意思表示をし、ハイタッチをかわすと、親子3人でハグをした。



オリコントピックス