• ホーム
  • 芸能
  • ダウンタウン、“ほぼ”生放送に苦労「変な感じ」

ダウンタウン、“ほぼ”生放送に苦労「変な感じ」

 お笑いコンビ・ダウンタウンが17日、フジテレビ系新番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜 後7:57)初回収録後に取材に応じた。放送時間より10分早く収録し放送する同番組の初回を終えた松本人志は「10分早く収録しているからもっと切り込んでいけ、みたいな空気になるけれど、切り込んだら切り込んだで『おいおい』みたいな空気になる。やり方がつかめていない」と難しさを語った。

 “ほぼ”生放送ならではのプレッシャーがあったようで、初回ゲストとして登場した八木亜希子は「ダウンタウンの二人が妙に緊張されていたのがすごく新鮮だった」と指摘。二人は「そうですか?」と声をそろえながら、「なんか変な感じがした」と異口同音に振り返っていた。

 同番組ではダウンタウンを筆頭に、質問力のある芸能人たちが“ちょっと変わった人生”を歩んできた人たちから、視聴者の気になる話を引き出すトークバラエティー。初回は「かつて刑務所に入っていた女たち」がテーマで、ゲストとして坂上忍壇蜜テリー伊藤ヒロミ、八木が出演した。

 タモリが司会を務める『ミュージックステーション』と放送時間が重なることに、浜田雅功は「あまり気にはならない」とキッパリ。松本も「全然(番組の)趣旨が違いますからね」といい、「最悪ここで『HEY!HEY!HEY!』を復活させます」と浜田と同じく気にしない姿勢を見せていた。



関連写真

  • フジテレビ系新番組『ダウンタウンなう』初回収録後、感想を語ったダウンタウン (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系新番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜 後7:57)初回ではヒロミ、坂上忍、テリー伊藤、八木亜希子、壇蜜ら豪華出演者が盛り上げた (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス