ドラマ&映画 カテゴリ

シシド・カフカ、新曲は斉藤和義と共作 斎藤工主演ドラマ主題歌に

 ドラム&ボーカルのシシド・カフカが、エイベックス移籍第1弾となる新曲でシンガー・ソングライターの斉藤和義とタッグを組んだことがわかった。俳優・斎藤工主演ドラマ『医師たちの恋愛事情』(毎週木曜 後10:00 フジテレビ系)の主題歌に起用された「Don’t be love feat.斉藤和義」のプロデュースを、カフカが敬愛する斉藤が務めた。

 同ドラマは、大学病院を舞台に医師それぞれが出世争い、恋愛、不倫、三角関係など、さまざまな欲望が渦巻く中で生きていく姿を描く「医療ラブストーリー」。主題歌は、正義感の強い外科医・守田春樹(斎藤)と徐々に惹かれあう、先輩外科医・近藤千鶴(石田ゆり子)に焦点を当てたミドルバラードに仕上がった。

 作詞は斉藤とカフカが共作、作曲・プロデュースは斉藤が担当。都内スタジオでの制作時には、お互いネコ好きとあって話が盛り上がったといい、「斉藤和義さんとの共作で新たな風を吹き込んでいただき、とても勉強になる制作でした。ドラマの妖艶な世界に、力強さを添えられる一曲になったのではと感じています」と自信をにじませた。

 “プロデューサー”の斉藤は「ドラマの台本を読んでのイメージもありましたが、カフカさんのマイナー調なメロディーの歌を聴いてみたい、こんなふうにドラムをたたいてもらいたいなと思って曲を作りました」と説明。「“ドラマー”シシド・カフカとのセッションも楽しかったです。機会があったらぜひうちのツアーでもたたいてほしいス」とラブコールを送っていた。

 同曲は、4月29日に配信開始される。

関連写真

  • 斎藤工主演ドラマ主題歌に起用されたシシド・カフカ(左)の新曲を斉藤和義がプロデュース
  • 主題歌「Don’t be love feat.斉藤和義」は石田ゆり子が演じる役に焦点を当てた

オリコントピックス

メニューを閉じる