• ホーム
  • 映画
  • 『みんな!エスパーだよ!』映画化 9月公開へ 園子温&染谷将太「超感動作になる」

『みんな!エスパーだよ!』映画化 9月公開へ 園子温&染谷将太「超感動作になる」

 2013年4月よりテレビ東京系『ドラマ24』枠で放映された青春SFコメディ『みんな!エスパーだよ!』が映画化され、今年9月に公開されることが17日、わかった。ドラマで監督、脚本を務めた園子温監督と、主演の染谷将太が続投。ヤンキー女子高生のヒロインを演じて新たな一面を開花させていた夏帆については、今回の発表では触れられていない。染谷は「一体どっちの方向にスケールアップされるのか、僕自身、今からドキドキしています。きっと皆さんの想像よりずっと壮大でおもしろく、アクションがすごくて、ちょっとだけエッチな超感動作になると思います」とコメントしている。

 同作は、『ヤングマガジン』(講談社)で連載されていた人気コミックが原作。2013年4月より放映されたドラマ版は、愛知県東三河を舞台に、突如として超能力に目覚めた平凡な高校生・鴨川嘉郎(染谷)と、彼を取り巻くエスパーたちとの戦いと友情をバカバカしく、下ネタ満載でエッチに描きだし、若者を中心に大きな注目を集め、テレビドラマの権威、ギャラクシー賞で2013年7月の月間賞、2013年度年間賞奨励賞ドラマ部門をW受賞する快挙を成し遂げた。

 そんな同作の今回の映画化にともない、『みんな!エスパーだよ!』プロジェクトが始動。現在休載中の原作が『ヤングマガジン』16号(3月16日発売)より新章開始されるほか、春にはテレビ東京にてスピンオフ特番『みんな!エスパーだよ!番外編 〜エスパー、都へ行く〜』が放送される。映画版となる『映画 みんな!エスパーだよ!』のクランクインはこれからで公開は9月予定。

 園監督は映画化について「テレビシリーズでは、ロケハンから衣装、キャスティングまで総監督的な位置でやらせていただき、できることなら全話撮影したかったのですが、仕事の都合上、たくさんの監督に何話かお任せすることになったのが自分のなかでは残念でした。映画版では全て自分で監督できることを嬉しく思っています」と意気込んでいる。



関連写真

  • バカバカしさで話題沸騰!? ギャラクシー賞W受賞を果たした青春SFコメディ『みんな!エスパーだよ!』(C)若杉公徳・講談社/映画「みんな!エスパーだよ!」製作委員会(C)若杉公徳/講談社(C)「みんな!エスパーだよ!」製作委員会
  • 園子温監督

オリコントピックス