ドラマ&映画 カテゴリ

ファンキー加藤、ソロ1年目の現実 『情熱大陸』が密着

 きょう14日放送のMBS・TBS系ドキュメンタリー番組『情熱大陸』は、歌手のファンキー加藤が登場。もがき苦しみながらソロとしての道筋を見つけてゆく加藤の姿を追った。

 メンバーの1人が実家の寺を継ぐと宣言し、「3人でなければ」という理由で、人気絶頂の中、昨年6月の東京ドーム2daysラストライブをもってFUNKY MONKEY BABYSは解散。加藤はソロで活動を始める。

 それから1年。ファンモン時代も精力的に活動していた夏フェスのステージや、アルバム『ONE』の制作現場での加藤に密着する中で、カメラがとらえたのは厳しい現実だった。

 ステージを下りるときには歩くエネルギーも残さない。それが加藤の流儀。加藤の生み出す歌はストレートな言葉で綴る人生の“応援歌”。聴衆と一体となってグルーブするステージを目指すのは、ファンモン時代も今も変わらない。しかし、客と一体となって熱唱し完全燃焼するはずのステージで、加藤は一人だけのパフォーマンスの難しさに直面し、何度も戸惑いをみせる。

 FUNKY MONKEY BABYS解散から1年、本格的にソロとして進むべき方向や、新しく生み出す音楽のきっかけをつかむ重要なタイミングとなった加藤の夏に密着した。

 『アジア大会2014韓国 男子サッカー 日本VSクウェート』の中継のため『情熱大陸』は午後11時30分スタート(通常は毎週日曜午後11時〜)。

関連写真

  • FUNKY MONKEY BABYS解散から1年。ファンキー加藤の夏に密着。写真は7月26日、福岡で開催されたイベント「NUMBER SHOT 2014」にて(C)MBS
  • レコーディング風景(C)MBS

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索