アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 【動画】安達祐実、主演映画で初の花魁役「今の私にはとてもいい役」

【動画】安達祐実、主演映画で初の花魁役「今の私にはとてもいい役」

 女優の安達祐実(32)が小説家・宮木あや子氏原作の映画『花宵道中』(今秋公開)で主演を務めることが28日、わかった。同作で初の花魁(おいらん)役を務める安達は「今までやったことがなかったのでうれしかったですし、今の私にはとてもいい役だと思いました」と演じられた喜びをかみしめている。

【写真】その他の写真を見る


 同作の舞台は江戸時代末期の新吉原。囚われの身ながらも地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしていた人気女郎・朝霧(安達)は、縁日で半次郎という青年と出会い、運命を大きく変えていく。

 遊女として甘美で美しくも、哀しく切ない生き様を、赤裸々かつ繊細に演じた安達。撮影を振り返り「時代劇や花魁だからといって、特に苦労した点はありませんでした」といい、「花魁道中の場面では、衣装やカツラが物凄く重たかったですが、素敵な場面になっています」と呼びかけている。

 安達の相手役には俳優の淵上泰史、妹女郎役に小篠恵奈が出演するほか、三津谷葉子多岐川華子立花彩野ら若手女優陣が彩りを添え、高岡早紀友近津田寛治らベテラン個性派共演陣が脇を固める。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 映画『花宵道中』で花魁の主人公を演じる安達祐実
  • 流し目もセクシー…映画『花宵道中』で花魁の主人公を演じる安達祐実

オリコントピックス