アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • アカデミー賞作品を上回る!? ネットで高評価『新しき世界』

アカデミー賞作品を上回る!? ネットで高評価『新しき世界』

 来月の米アカデミー賞授賞式を前に、映画ファンの間ではその受賞予想が大いに盛り上がっているが、現在公開中のアカデミー賞ノミネート作品を押しのけてネットで高い評価を集めている作品がある。

 それが、ハリウッドリメイクも決定している韓国映画『新しき世界』。現在「Yahoo!映画」のユーザーレビュー(公開中の新作)、キネマ旬報社の映画鑑賞録サービス「KINENOTE(キネノート)」、ツイッターでの映画の評判や感想をまとめたサービス「coco」それぞれの評価でランキング1位を獲得している(2月7日19時現在)。

 同作は、イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミンという3人のスター俳優が競演。『インファナル・アフェア』の潜入捜査ものに『ゴッドファーザー』のファミリー要素が加わる、マフィアの世界を舞台にしたノワール作品。韓国映画特有の生々しくも激しいバイオレンス描写とともに、マフィアと警察それぞれの仲間の深い絆、その絆の強さゆえに生まれる切なさとつらさがヒリヒリと伝わってくる。そんなハリウッド映画とも邦画大作とも異なる、観る者の心にずしっとのしかかるようなシリアスでヘビーな内容が、映画ファンたちの間で高い支持を受けているようだ。

 ネットで盛り上がる同作のレビューでは、「ラストの展開に茫然・・・男たちが皆カッコよくて泣けた」「劇中にただよう危ない雰囲気が最高」「ヤクザ映画に求めている物が全部入っている」といった声が多く上がっており、配給会社によると20〜30代の女性の観客が多いという。週末と比べて平日の動員も落ちておらず、ネットと口コミで話題はじわじわと広がっている。アカデミー賞関連作品とともにその興行に注目が集まる。

韓国映画特集『2014年の新たな傾向と動向を探る!! ポン・ジュノ監督インタビューも!』

タグ

オリコントピックス