• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 宮崎駿監督、最大の生みの苦しみは『ハウルの動く城』

宮崎駿監督、最大の生みの苦しみは『ハウルの動く城』

映画作品の監督デビュー作『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)から最新作『風立ちぬ』まで、11本の長編アニメーションを手がけた宮崎駿監督。「一番トゲのように心に残っている作品」として挙げたのは『ハウルの動く城』(2004年)だった。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの児童文学『魔法使いハウルと火の悪魔』が原作。魔女の呪いで90歳の老婆に変えられてしまった少女ソフィ...

この記事の画像

  • 引退会見を行った宮崎駿監督 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)鈴木敏夫プロデューサー、宮崎駿監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 鈴木敏夫プロデューサー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索