ドラマ&映画 カテゴリ

小泉今日子、『あまちゃん』で歌披露「17才のマーメイドな気分」

 歌手で女優の小泉今日子(47)が、出演中のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』(月〜土 前8:00 総合ほか)の第7週(5月13〜18日)で、歌を披露することが12日、わかった。ヒロイン・アキの母、春子を演じる小泉が歌うのは、脚本を手掛ける宮藤官九郎作詞、オープニング曲を担当した大友良英作曲の挿入歌「潮騒のメモリー」。小泉は「楽曲の世界観を大切に、もう全力で17才のマーメイドな気分で歌いました」と話している。

 現在は、主に女優として活躍している小泉だが、もともとは「花の82年組」と呼ばれたトップアイドル。「渚のはいから人魚」「なんてったってアイドル」「木枯しに抱かれて」などのヒット曲で知られ、昨年が歌手デビュー30周年だった。歌手としても、2012年ピーチ・ジョン企業CMタイアップ曲「100%」や、2011年Eテレのミニ番組『2355』のおやすみソングなどを歌っている。

 今回の楽曲は、ドラマのために書き下ろされたオリジナル曲。宮藤は「1986年公開の架空のアイドル映画『潮騒のメモリー』の主題歌という設定です。当時の中高生男子を狂わすような甘く切ない歌詞。それでいて現在の設定にもリンクする『タクシー』『17』『北』などのキーワードを盛り込み、なおかつ小泉さんが切なげに歌う表情を思い浮かべ約5分で書きました」と説明する。

 大友氏は「春子が歌うカラオケはドラマの幕開けに過ぎません。この曲にどんな展開が待っているか、お楽しみに」と明かしており、後半の物語にもつながる小泉の熱唱が注目される。

※「潮騒のメモリー」歌詞

来てよ その火を 飛び越えて 砂に書いた アイ ミス ユー
北へ帰るの 誰にも会わずに 低気圧に乗って 北へ向かうわ
彼に伝えて 今でも好きだと ジョニーに伝えて 千円返して
潮騒のメモリー 17才は 寄せては 返す
波のように 激しく
来てよ その火を 飛び越えて 砂に書いた アイ ミス ユー
来てよ タクシー捕まえて
波打ち際の マーメイド
早生まれの マーメイド

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索