アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 生田斗真、役作りで引きこもり生活「気持ち的にも落ち込んだ」

生田斗真、役作りで引きこもり生活「気持ち的にも落ち込んだ」

 俳優の生田斗真が17日、都内で行われた主演映画『脳男』の完成披露試写会に登場。首藤瓜於による同名小説の実写化で、強靭な肉体と感情を持たない冷酷な美しき殺人鬼・脳男のバイオレンスミステリー。脳男こと鈴木一郎を演じる生田は、食事制限や体力づくりなど役作りに苦労したといい、撮影前には「死んだ目にならないかと思って」と引きこもり生活を送ったと報告。「そしたら気持ち的にも落ち込んできてつらかったです。でも説得力が出たんじゃないかな」と苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 “引きこもり生活”では「ソファの上で何時間か動かないとか、そういう生活してました」と振り返り「大変でしたけど、それくらい想いが強ったですし、それくらいじゃないと演じ切る自信もなかったので、やれることは全部やろうと思った」と同作に懸ける想いを明かした。そんな生田について共演の松雪泰子は「斗真くんの放つエネルギーが圧倒的だった」と感心していた。

 舞台あいさつでは作品名にかけて、名前を入力し脳内を一字で表す『脳内メーカー』に出演者がチャレンジ。誰のものかは伏せられた形で、スクリーンには『遊』で埋めつくされ『金』『働』が少しだけある脳内が紹介。出演者の誰のものか推測しあい、生田の脳内メーカーだということが明かされると「あ、そうですか(笑)。遊ぶの好きだしなぁ、だいたいあってます」と納得した様子だった。

 試写会には江口洋介二階堂ふみ太田莉菜、瀧本智行監督も登壇した。2月9日全国公開。

関連写真

  • 映画『脳男』の完成披露舞台挨拶に出席した江口洋介 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『脳男』の完成披露舞台挨拶に出席した松雪泰子 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『脳男』の完成披露舞台挨拶に出席した太田莉菜 (C)ORICON DD inc
  • 映画『脳男』の完成披露舞台挨拶に出席した二階堂ふみ (C)ORICON DD inc.
  • 映画『脳男』の完成披露舞台挨拶に出席した瀧本智行監督 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス