ドラマ&映画 カテゴリ

橋田壽賀子氏、亡き夫・岩崎嘉一氏の想い語る 『渡鬼』誕生は「夫のおかげ」

『おしん』『春日局』(NHK)、『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)などの作品で知られる脚本家・橋田壽賀子氏の自叙伝的ドラマ『妻が夫をおくるとき』(TBS系)が、23日の午後9時より2時間15分の拡大版で放送される。同作は「今まで生きてきた中で、これ以上の苦しみはなかった」と本人が語る、実体験をドラマ化。1989年、今から23年前に亡くなった橋田氏の夫・岩崎嘉一氏(享年59)との別れを綴った。

ドラマは、岩崎氏のがん発覚から亡くなるまで(1988〜89年)を描く。夫のがんを知っ...

この記事の画像

  • 7 月23日放送のスペシャルドラマ『妻が夫をおくるとき』の脚本をてがけた橋田壽賀子氏(右)と主演の岸本加世子 (C)ORICON DD inc.
  • 橋田壽賀子氏の実体験をドラマ化、登場人物もほぼ実名で描く(C)ORICON DD inc.
  • 7 月23日放送のスペシャルドラマ『妻が夫をおくるとき』に主演する岸本加世子と大杉漣(C)TBS

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索