ドラマ&映画 カテゴリ

AKBさしこ主演ドラマが今夏映画化 恋人役に福くん熱望

 人気グループAKB48指原莉乃の初主演ドラマ『ミューズの鏡』(毎週土曜 深夜1:50 日本テレビ系)が、今夏に映画化されることが決定し11日、都内で制作発表記者会見が行われた。映画初主演に挑む指原は「演技下手なので…」とへタレぶりをのぞかせつつ、恋人役に人気子役の鈴木福くんを熱望。「福くんにバカにされて、冷たくされて、最終的に好かれる役はどうですか?」と自ら提案し、ラブコールを送った。

【写真】その他の写真を見る


 さしこが連ドラに続き、映画でも主演を果たす。同作は、何も取りえがないように見えるヒロインの向田マキ(指原)が、劇団ミューズの演出家・沖田竜に見出され、女優として成長していく様を描くストーリー。

 映画化を先日知らされたばかりという指原は「どうなるかビックリです」とまだ実感がない様子。演技の自信がないなど自虐発言も飛び出し「1から教えてもらってます」と謙遜するばかりだったが、劇中で見せる変顔には「こだわりがあります」と、“悪魔に取り付かれた顔”を披露して笑いを誘った。

 脚本はドラマに引き続き、『勇者ヨシヒコの冒険』(TX)などを手掛けた福田雄一氏が担当。福田氏は「『ミューズ〜』において、指原は女優として成長してない。女優への欲がないんでしょう。そこが画面を見てておもしろい。途中で、女優に欲を持たれたら、このドラマは成立しない」と独特の観点を交えて太鼓判を押し、早くも手応え。映画版は、完全なアナザーストーリーで展開する。

 AKBのメンバー内では「視聴率が高い」(指原)というドラマの映画化とあって「何事も一生懸命にやれたら」と気を引き締める指原。音楽番組で共演しても遠い存在だったという福くんを恋人役に切望し「福くんと出会って、付き合ってしまう役とかどうでしょう? あと、欲を言えば、芦田愛菜ちゃんも好き」と、思いは募るばかりだった。

 『映画版 ミューズの鏡(仮)』は今夏全国ロードショー。

関連写真

  • 今夏公開される映画『ミューズの鏡』の制作発表記者会見に出席した指原莉乃 (C)ORICON DD inc.
  • こだわりの変顔を披露した指原莉乃 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『ミューズの鏡』の制作発表記者会見に出席した指原莉乃 (C)ORICON DD inc.
  • 映画『ミューズの鏡』の制作発表記者会見に出席した指原莉乃(左)と福田雄一 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索