ドラマ&映画 カテゴリ

沢村一樹、再びエロ封印で“アウトロー刑事”復活! 『警視庁失踪人捜査課』が今冬SPドラマ化

 俳優・沢村一樹主演で2010年4月期に放送された連続ドラマ『警視庁失踪人捜査課』(ABC・テレビ朝日系)が、今冬SPドラマとして復活する。同ドラマでは自身の持ち味である“エロ”を一切封印し、失踪人捜査に挑むアウトロー刑事・高城賢吾を好演した沢村。「続編を望む声をたくさんいただけたとのことで、本当にありがとうございます」と復活を喜びつつ、「今後も皆さんのご期待に応えて続編を作っていけるように頑張りますので、よろしくお願いします!」と、さらなる展開にも期待を込めた。

 作家・堂場瞬一氏の『警視庁失踪課・高城賢吾シリーズ』を原作にした同ドラマは、放送終了から1年以上経過しても途絶えない視聴者からの熱い要望を受け、今回のSPドラマ化が決定。

 今作は、これまでの刑事ドラマにはないスピーディーなストーリー展開、スタイリッシュな映像が最大の魅力だ。“ラストシーンの犯人の語り”や、“行きつけの飲み屋”などの定番シーンを排除し、“失踪人の捜索”という職務をまっとうする刑事たちを、ノンフィクションさながらのリアルな世界観で描いたサスペンスドラマとして人気を博した。

 沢村演じる主人公・高城が、失踪した娘・綾奈の足取りをつかみかけるも、空振りに終わってしまった連ドラ版のラストから1年。休暇のたびに全国を飛び回り、娘の手がかりを探し続けていた高城だが、時を同じくして、大会中に失踪したフィギュアスケーター・山寺葉月(最上衿菜)の捜査依頼が舞い込む。確たる証拠がないまま事件解決に急ぐ高城たちだが、失踪課メンバーの“失踪”など、今作でもさまざまな波乱が待ち受ける。

 沢村は「この1年の間も失踪課の他の役者さんがどんな仕事をしてきたのか気になってもいましたし、今まで僕がやってきたドラマとは何か違う感じだったんですよね」と、同ドラマが自身の役者人生において分岐点となったことを明かす。さらに、「『警視庁失踪人捜査課』はストーリーがとにかく面白い。今回の話では、事件が起こって初めて失踪課のある人物のプライベートが浮き彫りになるんですが、そういった人間ドラマ的な部分も見どころとなっています!」とアピールした。

 応募総数2298通のオーディションで、沢村の相棒・明神愛美役を勝ち取った森カンナのほか、北村有起哉黄川田将也宇梶剛士遠藤憲一高畑淳子小日向文世など、おなじみのメンバーはもちろん、失踪課の新メンバーとして市川由衣が加入。さらに失踪事件のキーとなる謎の美少女役には、現在NTTドコモのCMで注目を集める木村文乃が出演するなど、フレッシュな顔ぶれも並ぶ。

 同作プロデューサーは「昨年の連続ドラマの際にパート2を希望してくださる方が多く、今回やっと実現しました」と、続編を望む視聴者からのラブコールに感激。「人が一人いなくなるということを通していろいろな家族のあり方を見つめ直すドラマになりました。新しいスタイルの刑事ドラマとして楽しんでいただけたら嬉しく思います」と自信をのぞかせている。

関連写真

  • 主演を務める沢村一樹 (C)テレビ朝日
  • “エロ”封印し熱演 (C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索