• ホーム
  • 映画
  • 堤 幸彦、佐野元春を絶賛 「ロックは肉体を越える」

堤 幸彦、佐野元春を絶賛 「ロックは肉体を越える」

 WOWOWスペシャルドラマ『コヨーテ、海へ』のDVD発売(7月20日)を記念して6日、スペシャルトーク&試写イベントを開催し、30周年を迎えた歌手・佐野元春と監督・堤 幸彦が登壇。佐野の大ファンである堤は「ロックは肉体を越える。ずっと(音楽を)続けて欲しい」と先日行われたライブを絶賛し、佐野は「50代なりの皆さんに愛してもらえる音楽を作り続けたい」と意気込んだ。

 同作は、謎の失踪をした父(佐野史郎)の秘密を探るためニューヨークに降り立つ青年・ハル(林遣都)が、最初に訪れた教会で出会った魅力的なダンサーのデイジー(長渕文音)とのマンハッタンを巡る旅を通して、解放と融和をテーマにしたロードムービー。

 映画『20世紀少年』や『BECK』など、話題作の監督を務める堤は「『コヨーテ、海へ』ではひとり3役やり、現場密着の仕事をする機会が少なくなり、自主映画制作のような楽しさがあり、忘れていたことを気づかせてもらえた。原点回帰できる良い体験ができ、一歩踏み出す経験ができた」と語り、「苦労は1点しかない、ブラジルでお腹を壊したことぐらい……」と笑いを誘った。

 また同作でカメオ出演をしている佐野に「ぜひ俳優を続けて欲しい」と堤が押し、「今作もそうだが、医者や学者といった役での出演で……白衣ものの専門俳優で」と会場を沸かした。

 さらに、佐野は「27,8歳の当時を思い出す。1984年に自分ができなかったことを主人公のハルが代行してくれて、嬉しかったです。いろんなことを多面的に盛り込み、映像作りの凄さを間近で体験できた」と絶賛し、佐野の大ファンである堤は「光栄です。生で隣で話をしていて……誰か(会話を)録音して頂ければ」と喜び、「監督ともまた何かコラボができたら」と佐野がラブコールを送った。

 制作に息詰まったときに堤は「歩くことが最大の気分転換になる」と散歩が制作活動にも繋がり、佐野は「ムリに続けると悪いループに入るので、何もしない」とあえてルーズに過ごし、普段は「机に向かって楽曲制作をするのではなく、こうやって対談をしている最中もいろんなことを観察し、ソングライターの視点で生きている」と30年間アーティストとして走り続けてきた秘訣を語った。



オリコントピックス