• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 奥山葵、初出演作『Giri/Haji』で世界デビュー 「国を意識しない」新世代のボーダーレス女優に迫る

奥山葵、初出演作『Giri/Haji』で世界デビュー 「国を意識しない」新世代のボーダーレス女優に迫る

 英BBCとNetflixの共同制作ドラマ『Giri/Haji』で大役を掴み、いきなり世界デビューを果たした新人女優・奥山葵。大きな夢を追いかけ、従来のような日本での女優活動の経験や成功実績を踏まずに世界へ飛び出した若き才能の素顔とは?その仕事観などボーダーレスな意識を持つ新世代女優の生き方に迫る。

初めてのオーディションで掴んだ世界デビューへの切符

――平岳大さん、窪塚洋介さん、本木雅弘さんと日本人だけでもそうそうたる顔ぶれの共演者に囲まれた世界デビュー作で、主人公の娘・多紀役を好演。女優としての存在感を世界にアピールしました。本作が女優デビュー作ともなったわけですが、まず女優を志したきっかけを教えてください。
奥山葵小学生の頃に映画『ハリー・ポッター』を観て“魔法使いになりたい”と思ったんですけど、それは不可能だということに気づいて、それなら『ハリー・ポッター』の映画に出たらいいんじゃないかと思いつきました。単純ですよね(笑)。高校3年生になって、将来のことを真剣に考え始めました。そのときに、『ハリー・ポッター』に出るためになにもアクションを起こさないまま死んでいく姿を想像したら、なんだか孤独な気がして。それで、高校卒業後に上京して俳優をめざすことを決めました。
――上京後は、キャスティングディレクターの奈良橋陽子さんが代表を務めるアップスアカデミーで演技を学ばれたそうですね。
奥山葵アップスアカデミーに入学を決めて、上京後に演技の勉強を始めました。ただ、『ハリー・ポッター』に出たい気持ちだけで上京してしまったので、「これは無理だ…もう実家に帰ろう」と何度か北海道に帰ったりもしました。それでも辞めずにいくつか舞台を経験しながら演技レッスンを続けていたら、『Giri/Haji』のオーディションのお話をいただきました。

――それまでドラマや映画など映像作品のオーディションは受けていたのでしょうか?
奥山葵『Giri/Haji』が初めてのオーディションでした。台本の読み方から教えてもらって、ビデオ審査を受けて、そのあと監督と直接会って目の前でお芝居をするという流れでした。この頃、お芝居をするのが楽しいと思い始めた時期だったので、最終審査で初めて平さんと一緒にシーンを演じたときはすごく舞い上がってしまったんです。ただただ「楽しい!」って(笑)。多紀役に決まったときは、『ハリー・ポッター』の舞台のロンドンに行ける!と大興奮しました(笑)。

セリフの会話を楽しみながら流れに身を任せた撮影現場

――オーディション合格後は、撮影までにどんな準備を?
奥山葵引き続きアカデミーで演技を学びながら、英会話学校に通ったり、台本から多紀のキャラクターや作品について感じたことをジュリアン・ファリノ監督とSkypeで話し合ったりしました。ジュリアン監督は私の意見をしっかりと聞いたうえで、多紀のキャラクターを一緒に作りあげてくださいました。ほかにも、ヘアメイクさんやスタイリストさんがそれぞれの多紀のイメージを伝えてくださったり、私もいろいろ考えて多紀の雰囲気や服装のイメージをいくつか提案したり。すべてが初めての経験だったのですが、そんなふうにクリエイティブな作業をしながら準備をするのが、とても楽しかったです。

――ロンドンでの撮影初日は緊張しましたか?
奥山葵私はあまり緊張しないタイプみたいで、撮影現場では楽しく撮影をしていました。ただ、ふとした時に隣に座った窪塚さんを見ると、「『GO』の窪塚洋介さんだ!」と改めて気がついて。『GO』が好きだったので、不思議な感覚になりました。
――初めての現場でのお芝居はいかがでしたか?
奥山葵俳優さんたちとのセリフの会話をひたすら楽しんでいました。ロドニー役のウィル・シャープさんはアイデアマンで、毎回おもしろいお芝居をされるんです。ダンスをするようにお芝居されるというか、本当に素敵なんです。ウィルさんは時々アドリブを入れるんですけど、英語なので返すのが難しくて。でも、それが多紀にとっても自然なリアクションで、2人の関係性なんじゃないかと感じました。

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

【2020】この春から新生活がはじまるあなたに、おすすめ情報満載♪ ワクワク新生活特集

 を検索