• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • CM
  • 迷走か?英断か?『いすゞのトラック』CMソングに異変

迷走か?英断か?『いすゞのトラック』CMソングに異変

まるで“社歌”のようなこの曲を 使わないでどうする

アイナ・ジ・エンドの歌声が流れた「技術の結集」篇 写真提供/いすゞ自動車

アイナ・ジ・エンドの歌声が流れた「技術の結集」篇 写真提供/いすゞ自動車

 そんな「いすゞのトラック」のCMに変化が訪れたのは、3人のボーカリストバージョンが登場する直前。それまで、同社のCMではずっと流れていたこの曲が流れず、CMタレントが「いすゞのトラック〜♪」と口ずさむだけになっていた。
三谷氏歌を前面に出すクリエイティブが大きく変わってしまったんですね。私は宣伝の現場を離れて、営業として販売会社の人たちと一緒に仕事をしてたんですけど、「CMキャラクターがいいね」っていう意見がある一方、「なんで歌を使わないんだろう」「あの歌使うべきだよね」っていう意見があったんです。販売店スタッフはまるで“社歌”みたいにこの歌を大事にしてくれていて、飲み会の二次会のカラオケの締めは当然この歌を大合唱。これは使わないといけないと思っていました。
  • ナヲの歌声が流れた「歌と家族」篇 写真提供/いすゞ自動車

    ナヲの歌声が流れた「歌と家族」篇 写真提供/いすゞ自動車

  • アイナ・ジ・エンドの歌声が流れた「技術の結集」篇 写真提供/いすゞ自動車

    アイナ・ジ・エンドの歌声が流れた「技術の結集」篇 写真提供/いすゞ自動車

  • 大友康平の歌声が流れる現在放送中の「つながる×みつめるトラック」篇 写真提供/いすゞ自動車

    大友康平の歌声が流れる現在放送中の「つながる×みつめるトラック」篇 写真提供/いすゞ自動車

 その後、三谷氏が宣伝担当に復帰すると、歌を前面に出した形に方針を変更。そんなとき、マキシマム ザ ホルモンのドラム・ナヲがライブなどでこの曲を歌っていることを聞いた。
三谷氏最初誰だか分からなかったです(笑)。ただ調べてみて、トラックのユーザー層ともかけ離れているんだけど、(起用すれば)「今どきのざわつき」を起こせそうだと思いました。観た人の印象に残り、面白いことになるなと。販売店の若いスタッフはもちろん知っていましたし、お客様との会話の“つかみ”にもなる。実際、反響は大きく、予想以上でした。ツイッターの「いすゞのCM担当者は腹ペコ(マキシマム ザ ホルモンのファンの名称)に違いない」という意見を見たときはさすがに笑いましたけど(笑)。
 ターゲットをトラックユーザーにピンポイントで絞るのではなく、幅広いチャンネルで世間を驚かす。その狙いは見事にハマった。以降CMでも、曲はそのままにアレンジだけ変え、打ち出したいことのイメージとハマるボーカルを起用した。
三谷氏ナヲさんのときは、歌を前面に出すかたちに戻して世間をざわつかせる。アイナさんに代わるタイミングでは新型車の先進性を打ち出したかったので、曲はEDM風にエモーショナルかつ都会的なアレンジにしました。大友さんは、力強く歌声で働くドライバーさんを応援しているようなイメージ。かつ、先進性をより具体的にアピールしたかったので、訴求ポイントをあの歌声で替え歌みたいに歌ってもらって、出演までしてもらいました。ちゃんと考えているつもりなんですけど、ナヲさん、アイナさん、大友さんと歌の軸こそあれ、歌手選定の軸はブレブレなんじゃないかって言われます(笑)

いすゞのトラック「つながる×みつめるトラック」篇&メイキング

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索