アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 岡田将生、ドラマ主演男優賞 視聴者が独特な色気を評価「椎名林檎から学んだ」

岡田将生、ドラマ主演男優賞 視聴者が独特な色気を評価「椎名林檎から学んだ」

 戦前から戦後、平成まで長く活躍した落語家である八代目有楽亭八雲(菊比古)役を好演した岡田将生が、『第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞』で主演男優賞に輝いた。今作では10代から老年まで、落語家という難役を見事に演じ、俳優として確かな爪痕を残した。「プレッシャーよりも八雲という役をやりたいという気持ちの方が勝っていた」という撮影の裏側から、今年30歳を迎えるにあたり、俳優としての今後についても話を聞いた。

落語のスキルも世代ごとに演じわけないといけない、とても難しい役

――『第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞』において主演男優賞を受賞されました。まずは率直な感想をお聞かせください。
岡田将生 『昭和元禄落語心中』は、できる限り時間を費やし、監督とセッションしなから作り上げた作品なので、このような賞をいただけて嬉しく思っています。自分自身も納得のいった作品だったので、頑張って撮影してよかったです。その気持ちと同時に、監督・スタッフ・キャスト皆でドラマを作り上げてきたので、もう一度皆さんに「お疲れ様でした」と言いたいです。

――岡田さんが演じた八代目有楽亭八雲(菊比古)は、とても難しい役でしたが、プレッシャーはありましたか?
岡田 今回のようなチャンスをいただけて、プレッシャーよりも「八雲という役をやりたい」という気持ちが勝っていました。「チャレンジ精神を持って、あまり観たことのないドラマにしたい」とプロデューサーにも言われましたが、10代から老年まで演じることはそうそうないことなので、プロデューサーがよく僕にこの役を任せて下さった。落語協会の方も協力して下さいましたし、時間をかけて準備ができました。今まで連続ドラマでは、前もってしっかりと準備ができない時もあったり、納得がいかないことがあっても、折り合いをつけるしかなかったのですが、そういったことがなく撮影ができて嬉しかったです。この作品でこの役を演じられてよかったという想いが、一番大きいです。

――どれくらい準備期間がありましたか?
岡田 約半年ぐらいです。稽古も役作りにつながっていたので、すごく良い時間でした。

――やはり落語のシーンが、一番難しかったのでしょうか?
岡田 落語を覚えることも大変なのことですが、落語家としての半生を演じていたので、落語のスキルも世代ごとに演じわけないといけない、とても難しい役でした。あと撮影スケジュールを考えて落語を完成させないといけなかったのですが、その点では助監督が理解してスケジュールを組んでくださったので、本当によかったです。そのことがなかったら、苦しい撮影になっていたと思います。

普段自分自身を追い込んで演じるタイプなので、周りの方に助けられた

――「所作が美しい」という視聴者の声も多く寄せられました。所作は、どのように学んだのでしょうか?
岡田 実生活でも年配の方の立ち居振る舞いを研究しましたし、いろんなものを参考にしました。所作はとにかく美しくなるように心がけていました。それとライバル役の有楽亭助六(初太郎)を演じる山崎育三郎さんと、役の色が違うということも大きかったです。育三郎さんがワイルドに演じてられてたので、僕が美しく演じれば演じるほど、助六が引き立つし、八雲も引き立つ。

――お互いが引き立て合う関係性だったんですね。
岡田 はい。役について、育三郎さんとたくさん話をしました。光と影のように、すごく良い関係性で演じられました。

――今のお話のように、その2人の関係性が作品の核となっていますね。
岡田 そうですね。弟子役(有楽亭与太郎)の竜星涼くんともいろいろお話ししました。落語をやっている人でないとわからない会話もたくさんあったし、待ち時間も会話の内容が落語家のようになっていて(笑)。楽しんでできたのも良かったです。僕は、普段自分自身を追い込んで演じるタイプなので、周りの方に助けられました。良きライバルと弟子に恵まれたという想いがあります。

――岡田さんは、役を突き詰めていくタイプなのでしょうか?
岡田 もちろん演じている時は、その役のことだけを考えていますが、今まで撮影が終わって役を引きずることはなかったです。でも今回は、役を引きずるほど、自分のなかに八雲という人物が入っていたんだなと、撮影が終わってから気づきました。未だに落語家の癖というか、所作はずっと残っています。いろいろと学べて良かったですし、今後も同じようなお仕事があった場合、今回の経験が活かせるなと思いました。放送中の『いだてん』を観ていますが、八雲を演じる前とでは、落語の見方も変わりました。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年2月18日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年2月18日号

<COVER STORY>
辻村深月氏(作家)
直木賞作家が映像脚本に初挑戦
「新しい時代に自分ができることを考えていける作家でいたい」

<SPECIAL ISSUE>
コミュニティの場としても活況を呈する
新たなメディア“オンラインサロン”の可能性

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!