アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 芳根京子、『高嶺の花』への強い思い 外から見る自分像に驚きと戸惑い

芳根京子、『高嶺の花』への強い思い 外から見る自分像に驚きと戸惑い

 確かな演技と視聴者を惹き付けるオーラで、若手女優のなかでも存在感を放っている芳根京子が、『高嶺の花』の月島なな役で『第13回コンフィデンスアワード・ドラマ賞』助演女優賞を受賞した。芳根は、同賞第1回の新人賞(『表参道高校合唱部!』)に続いて2度目の受賞。まさにいま急成長を遂げている芳根が、初めて自分の意思で挑戦した今作での苦悩と乗り越えた壁について語ってくれた。

野島伸司脚本へのプレッシャーと責任感

――『高嶺の花』で助演女優賞を受賞されました。率直なお気持ちをお聞かせください。
芳根京子まず、ありがとうございます。月島なな役で助演女優賞を受賞できて、とっても嬉しいです。『表参道高校合唱部!』で新人賞をいただき、今回は助演女優賞ということで、ステップアップできた感じがして、すごく自信にもつながります。

――これまでに『高校教師』や『家なき子』、『ひとつ屋根の下』など、数々の名作ドラマを手がけてこられた野島伸司さん脚本の作品に参加されていかがでしたか?
芳根京子すごく責任感を感じました。石原さとみさんの妹役、しかも野島さんの描く“野島さんの世界”のキャラクターを自分に演じられるのかというプレッシャーがすごくあったので、乗り切れてホッとしています。

――芳根さんが演じられた月島ななは、前半と後半でまったく印象の異なる、非常に振り幅の大きな役でした。役作りをするうえで心がけていたことを教えてください。
芳根京子顔合わせのときに、野島さんや大塚(恭司)監督から「ななは、そのままの京子ちゃんでいいです」と言われて、最初「他の方からみる私のイメージは“なな”なんだな」と受け止めて、外から見る自分像に驚きましたし、逆にそのままの自分っていうのはどんななんだろう?という迷いに入って、たくさん戸惑いました。戸惑ったけど、役を通して生きていくなかで、そのままっていうのは“芳根京子そのまま”じゃなくて、「わたしからでてくる感情のままでぶつかっていい」ということだと気づけたので、その後はななと向き合うのが本当に楽しく、最後までななとして出てくる感情をストレートに表現できたと思います。

自分に足りない部分を経験したかった

――悩んだこと、苦労したことはありましたか?
芳根京子贅沢な悩みですが、『表参道高校合唱部!』『べっぴんさん』『海月姫』と中心にいる役を演じられる恵まれた環境にいさせてもらったぶん、台本から得られる情報の少ない役をする経験があまりなく、どうしたらその役がちゃんと存在できるか、生きられるか、みなさまに世界の一員として観てもらえるかが自分にとっての課題だと感じていました。なので、「この作品をやりたい」という強い思いを、マネージャーさんに伝えて挑戦させてもらいました。自分に足りない部分を経験したいという目標や、自分でやりたいと言って挑戦したというプレッシャーも大きかったので、『高嶺の花』でこのような結果を残せたのが、なお嬉しいです。

――芳根さんにとって特別な作品だったんですね。
芳根京子今まではオーディションで“ご縁”があった作品や、マネージャーさんに背中を押してもらって新しい作品に入っていたけれど、今回、「この役を私にやらせてもらえるのなら、やりたいです」と役が決まる前から自分発信でお願いして、それを受けてマネージャーさんが進めてくれた初めての作品なんです。主人公はほとんどの時間の動きや暮らしが台本に書いてあるけど、そうでない役は描かれていない時間が多くて、そのキャラクターがどう過ごしてきたかを自分で考えて、その人の生き様を濃くしていかなければならない。いつもは描かれた役を深くしていくけど、今回の役は見えない部分を自分で広くしていける楽しさがある。それを感じながら、濃くも薄くもできるのが、ななを通して感じたおもしろい部分でした。ドラマを観てくださっている方に「あの子、気になる!」とちゃんと思ってもらえる存在にしたかったので、それは達成できたかなと思います。

石原さとみとの3ヶ月の撮影で美意識が高くなった

――今作に参加したことで、女優として学んだこと、成長したと感じることはありますか。
芳根京子今まで話したこと以外の部分でいうと、石原さんとご一緒できたことが本当に勉強になりました。女性が主役の現場を経験させていただき、周囲から主演の方を見るという視点を自分自身で感じられたことが、とてもありがたかったです。女優としても、女性としても、1人の人間としても、たくさんのことを石原さんから学ばせていただきました。この3ヶ月を通して、美意識が高くなれた気がします。

――受賞を受けて、今後の活動への意気込みをいただけますか?
芳根京子賞をいただくという経験がほとんどなかったので、「こうやって自信につなげるんだな」とすごく思いました。頭を使って考えて挑んだことが評価されたのがすごく嬉しいし、自分のなかでやりきれたなって思う作品で賞をもらえたことが嬉しいです。ななを演じている期間、人を信用していいのかわからないときもあったし、たくさん悩んで葛藤してきました。今までは、たくさんの人に支えられて立たせてもらっていましたが、プロデューサーの松原(浩)さんに「まわりを立てることもできるし、自分が出ることもできる」と言っていただけて、本当にそういう女優になりたいと思いました。今回は石原さんにたくさん支えていただいたので、これからもっと歳や経験を重ねて、いつかちゃんと石原さんみたいに現場も人もまとめてられて、役者としても人としても支えていけるような素敵なお芝居のできる大人になりたいです。

――最後に、応援していた視聴者へのメッセージをお願いします。
芳根京子今回、ななが幸せになってくれてよかったというコメントをSNSなどでたくさんいただきました。私もななの幸せを一緒に願っていたので、みなさまがななに寄り添ってくださってとても嬉しかったです。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。これからもみなさまを魅了できるようなお芝居をしたいし、いつか「芳根が出てるから観よう」と思ってもらえるような存在感のある人になれるようにがんばります。これからも応援よろしくお願いします。
第13回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』全7部門の受賞結果

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年11月19日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年11月19日号

<COVER STORY>
アレキサンダー・デニュー氏(MIDEM CEO)
「世界の音楽市場が回復し始め、
新しい音楽経済圏が生まれている」

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート10月度
年末商戦間近、好調分野&ジャンルを探る

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!