• ホーム
  • 映画
  • 『第90回アカデミー賞』ノミネーショントピック&選出部門数順「作品賞ノミネート」一覧

『第90回アカデミー賞』ノミネーショントピック&選出部門数順「作品賞ノミネート」一覧

 米映画芸術科学アカデミーは現地時間1月23日、『第90回アカデミー賞』ノミネーションを発表した。最多ノミネートとなったのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』の13部門。次いで『ダンケルク』の8部門。6部門で『スリー・ビルボード』『ファントム・スレッド』『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』の3作品が続く。
 作品賞ノミネート9作品のうち上記5作のほかは、『レディ・バード』が主要賞5部門、『君の名前で僕を呼んで』『ゲット・アウト』が4部門、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』が2部門で選出されている。

◆日本人2人ノミネート、長編アニメは日本勢ゼロ
 日本人は、『ウィンストン・チャーチル』に特殊メーキャップアーティストとして参加した辻一弘氏がメイクアップ&ヘアスタイリング賞、桑畑かほる氏が共同監督を務めた『ネガティブ・スペース(原題)』が短編アニメ賞にノミネートされた。
 一方、第86回から昨年まで4年連続で日本作品がノミネートされていた長編アニメ賞は、日本勢ゼロという結果になった。選出作は『ボス・ベイビー』『The Breadwinner(原題)』『リメンバー・ミー』『Ferdinand(原題)』『ゴッホ 最期の手紙』。

◆Netflix、5作品7部門ノミネート
 Netflix作品は、5作品で7部門のノミネートとなった。『マッドバウンド 哀しき友情』が助演女優賞、撮影賞、脚色賞、歌曲賞。長編ドキュメンタリー賞に『イカロス』『ストロング・アイランド』、短編ドキュメンタリー賞に『ヘロインXヒロイン』、外国語映画賞に『On Body and Soul(原題)』。
 受賞結果発表と授賞式は、現地時間3月4日に行われる。

選出部門数順「作品賞ノミネート」一覧

『シェイプ・オブ・ウォーター』
◆13部門ノミネート
作品賞、監督賞(ギレルモ・デル・トロ)、主演女優賞(サリー・ホーキンス)、助演男優賞(リチャード・ジェンキンス)、助演女優賞(オクタヴィア・スペンサー)、脚本賞(ギレルモ・デル・トロ)、作曲賞、編集賞、衣裳デザイン賞、美術賞、撮影賞、音響編集賞、録音賞

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザは孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダと一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。
監督・脚本・プロデューサー:ギレルモ・デル・トロ
出演:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス
3月1日公開
20世紀フォックス映画
【公式サイト】(外部サイト) (C)2017 Twentieth Century Fox
『ダンケルク』
◆8部門ノミネート
作品賞、監督賞(クリストファー・ノーラン)、音響編集賞、録音賞、撮影賞、編集賞、美術賞、作曲賞

フランス北端ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士。背後は海。陸・空からは敵――そんな逃げ場なしの状況でも、生き抜くことを諦めないトミー(フィオン・ホワイトヘッド)とその仲間(ハリー・スタイルズ)ら、若き兵士たち。
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
出演:フィン・ホワイトヘッド、ダミエン・ボナール、アナイリン・バーナード、リー・アームストロング
DVD、BD発売中
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
【公式サイト】(外部サイト) (C)2017 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『スリー・ビルボード』
◆6部門7ノミネート
作品賞、主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)、助演男優賞Wノミネート(ウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル)、脚本賞(マーティン・マクドナー)、作曲賞、編集賞

最愛の娘が殺されて既に数ヶ月が経過したにもかかわらず、犯人が逮捕される気配がないことに憤るミルドレッドは、無能な警察に抗議するために町はずれに3枚の巨大な広告板を設置する。それを不快に思う警察とミルドレッドの間の諍いが、事態を予想外の方向に向かわせる。
監督・脚本・製作:マーティン・マクドナー
出演:フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル
2月1日公開
20世紀フォックス映画
【公式サイト】(外部サイト) (C)2017 Twentieth Century Fox
『ファントム・スレッド』
◆6部門ノミネート
作品賞、監督賞(ポール・トーマス・アンダーソン)、主演男優賞(ダニエル・デイ=ルイス)、助演女優賞(レスリー・マンヴィル)、衣装デザイン賞(マーク・ブリッジス)、作曲賞(ジョニー・グリーンウッド)

舞台は1950年代のロンドン。英国ファッションの中心的存在として社交界から脚光を浴びる、オートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコック。ある日、レイノルズは若きウェイトレス・アルマと出会う。互いに惹かれ合い、レイノルズはアルマを魅惑的な美の世界に誘い込む。
監督・脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ヴィッキー・クリープス、レスリー・マンヴィル
5月公開
ビターズ・エンド/パルコ
(C)2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
◆6部門ノミネート
作品賞、主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)、メイク・ヘアスタイリング賞(辻一弘、デビット・マリノウスキ、ルーシー・シビック)、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞

1940年、第二次世界大戦初期。ナチス・ドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。ヨーロッパの運命は、新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に委ねられた。
監督:ジョー・ライト
出演:ゲイリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ
3月30日公開
ビターズ・エンド/パルコ
【公式サイト】(外部サイト) (C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
『レディ・バード』
◆5部門ノミネート
作品賞、主演女優賞(シアーシャ・ローナン)、助演女優賞(ローリー・メトカーフ)、監督賞(グレタ・ガーウィグ)、脚本賞(グレタ・ガーウィグ)

2002年、カリフォルニア州サクラメント。閉塞感溢れる片田舎に暮らすカトリック系高校から、大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン。高校生活最後の1年、悩める17歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描く。
監督・脚本:グレタ・ガーウィグ
出演:シアーシャ・ローナン、ローリー・メトカーフ、トレイシー・レッツ
6月公開
東宝東和
【公式サイト】(外部サイト) (C)2017 InterActiveCorp Films, LLC
『君の名前で僕を呼んで』
◆4部門ノミネート
作品賞、主演男優賞(ティモシー・シャラメ)、脚色賞、歌曲賞

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。
監督:ルカ・グァダニーノ
出演:ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマー、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサール
4月27日公開
ファントム・フィルム
【公式サイト】(外部サイト) (C)Frenesy, La Cinefacture
『ゲット・アウト』
◆4部門ノミネート
作品賞、主演男優賞(ダニエル・カルーヤ)、監督賞(ジョーダン・ピール)、脚本賞(ジョーダン・ピール)

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。
製作:ジェイソン・ブラム 監督・脚本:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ ブラッドリー・ウィットフォード
公開中
東宝東和
【公式サイト】(外部サイト) (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
◆2部門ノミネート
作品賞、主演女優賞(メリル・ストリープ)

1971年、ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国内には反戦の気運が高まっていた。国防総省はベトナム戦争について客観的に調査・分析する文書を作成していたが、戦争の長期化により、それは7000枚に及ぶ膨大な量に膨れあがっていた。ある日、その文書が流出した。
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:メリル・ストリープ、トム・ハンクス
3月30日公開
東宝東和
【公式サイト】(外部サイト) (C)Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
※配給会社、公開日は日本公開のもの

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年2月19日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年2月19日号

<COVER STORY>
BoA(アーティスト)
今はボーダレスな時代だからこそ国ごとにスタイルを変えても意味がない

<SPECIAL ISSUE 1>
激動の2017年映画シーンから学ぶヒット創出のヒント
“想定外”の成功と失敗をひも解く

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽、映像、書籍月間マーケットレポート 18年1月度

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!