ドラマ&映画 カテゴリ

ロウン、アン・ヒョソプ、イ・ドヒョン… 今話題の韓国イケメン俳優たちの“沼入り必至”ブレイク作をチェック!【ハングクTIMES】

ハングクTIMES
K-POP、ドラマ、映画などさまざまエンタメコンテンツが盛り上がり、まさに時代は“第4次韓国ブーム”。現地の最新トレンドや話題のドラマ・俳優、グルメ・ファッション・コスメなど…“今”気になる韓国情報をお届けします!
『恋慕』で女心をがっしりつかんだロウン、『五月の青春』などで卓越した演技力で劇を導いてきたイ・ドヒョン、『社内お見合い』で今日本でも大ブレイク中のアン・ヒョソプと、今話題沸騰中の韓国若手イケメン俳優たち。本記事では、そんな彼らを一躍スターダムに押し上げた、沼入り必至の“ブレイク作” 『偶然見つけたハル』『18アゲイン』『浪漫ドクターキム・サブ2』をご紹介します。きっと更なる深沼に浸ること間違いなしです!

沼入り確率99.9…%! ロウン沼人が爆誕した『偶然見つけたハル』

ロマンス史劇『恋慕』で、ヒロインの周りを人懐っこく走り回る大型犬のような魅力をみせ、日本でも女心を鷲掴みにしているSF9ロウン。新ドラマ『明日』も始まり、俳優として多彩な魅力を見せている彼。『偶然見つけたハル』は、そんなロウンの初主演作でありながら、最も沼人を爆誕させた作品ではないかと思います。漫画の中の登場人物たちが“自我を持つ”という超斬新なストーリーで、いよいよラブコメに飽きがきていた(笑)、本国の視聴者をも虜にした一作です。

【あらすじ】
幼い頃から心臓を患ってはいるものの、明るく天真爛漫に生きてきた、会長令嬢ウン・ダノ。スリ高校のアメイジング3、容姿端麗なセレブグループA3の注目を一身に浴び、「まるでヒロインのような私の人生」と思っていた彼女に突然異変が起こる。記憶を失ったり、未来が見えたり…。その理由を学食のミステリアスな料理人から聞いて驚愕! この世界は漫画の中の世界で、自我を持つもののみが知る世界「シャドウ」と、作者の設定の「ステージ」からなるというのだ。そのうえダノは、自分が漫画の世界の取るに足らない小さな役でしかないことを知り、このまま持病の心臓病で死ぬのは耐えられないと一念発起。なんとかしてストーリーを変え、自分の思いのままに生きようと奮闘する。

そんな折、作者の設定とは異なる出来事が起こる。ダノは、そのきっかけとなった顔も名前も知らない男子生徒を必死で探し回るが、やっと見つけた彼は、名前すら持たないエキストラだった。そんな彼にハルという名前をプレゼントするダノ。そこからふたりは、漫画よりもときめくページを描き始める!

【見どころ】
「漫画の中の登場人物が自我を持つ??」と観る前はおそらくハテナでいっぱいかと思いますが、1話目から「私がヒロイン〜♪」と思っていた主人公のダノ(キム・ヘユン)が、実は漫画の中では名も無い“エキストラ”で、「ヒロインじゃないんかい!(笑)」という大コケの幕開けからがっしり心掴まれます。さらにロウン演じるハルもまた、漫画を破って出てきたような完璧ビジュアルにも関わらず、名も無いエキストラ。そう、本作は本来スポットライトが当たらない漫画の中の“エキストラ”たちが、作者が設定したストーリーを必死で変えていくお話なんです。
ロウン演じるハルは、ダノのストーリーを変えていく為の重要なキーパーソン。息を呑むほど美しい登場シーンからハルの神秘的な魅力に目を惹きつけられます。セリフもなくお人形のように無感情で、「何者でもなかった」エキストラハルが、ダノに名前をもらい徐々に心を持ち始め、恋をしてキラキラと輝いていく。ダノを真っ直ぐ見つめる瞳に秒で沼落ちすると共に、ハルが韓ドラではお馴染みのツンデレキャラではなく、“いつか消えてしまうのでは?”と思わせる儚さを持った、唯一無二なキャラクターなのも心惹かれるポイントです。
作者が設定する「ステージ」の世界でメインカップルたちが繰り広げる、少女漫画特有の王道展開やクサいセリフを鼻で笑うダノに爆笑する一方で、作者の意のままではなく“自分らしく生きる”為に懸命に闘う姿に胸を打たれます。

手軽に観ることができる王道の胸キュンラブコメのように見えますが、誰かにとってはちっぽけな「脇役」であっても、誰かにとってはかけがえのない「特別」な存在であること。そしてどのような存在であっても、皆それぞれにストーリーがあり、私たちはそれぞれの人生の「主役」なのだというメッセージ性までも感じる実に深い作品でもあります。
ロウンやヒロインを演じたキム・へユンをはじめ、ハルのライバルを演じたイ・ジェウクや、漫画の中の主人公を演じたキム・ヨンデといった旬の若手俳優たちが大集結しているのにも注目です!
▼作品情報
『偶然見つけたハル』
DVD-BOX1&2/Blu-ray BOX1&2 発売中
発売・販売元:ポニーキャニオン
価格:各12,000円(本体)+税

▼配信情報
FODで配信中、Netflixで4月6日〜配信開始

イ・ドヒョンが初主演で驚くべき演技力を披露!“百想”新人演技賞を受賞した『18アゲイン』

韓ドラ界のスターへの階段を駆け登っている今最もアツい俳優イ・ドヒョン。『刑務所のルールブック』でデビューしてから、『ホテルデルーナ』、『Sweet Home−俺と世界の絶望−』などで強烈な存在感を示してきた彼の、記念すべき初主演作が『18アゲイン』です。初めて主演に抜擢されたとは到底思えない、驚くべき演技力を披露した本作で、「百想芸術大賞」新人演技賞を受賞。彼の底知れぬ可能性を示した作品ではないかと思います。

【あらすじ】
2001年、高校生のデヨンはバスケットボールの韓国代表を目指すスター選手。そんなデヨンはダジョンに一目惚れし、二人は交際に発展。だが予期せぬ妊娠により双子を授かることになる。子供のため夢を諦め、二人は生活に追われる。時は流れ、18年後。ダジョン(キム・ハヌル)はアナウンサーの夢を捨てきれず、挑戦した公開採用試験で見事に採用される。

一方のデヨン(ユン・サンヒョン)は昔の面影もなく、子どもたちには無視され、職場では解雇され、ついに妻のダジョンからは離婚を要求されてしまう。自暴自棄になったデヨンが学校の体育館でボールを投げていると突然の停電と共に、自分が18年前の姿になっていることに気づく!若さを取り戻したデヨンはウヨン(イ・ドヒョン)として新しい人生を生きることを決めるのだが…。
【見どころ】
2009年にアメリカで公開されたコメディー映画「セブンティーン・アゲイン」が原作となっている本作は、離婚間近のデヨン(ユン・サンヒョン)が、18歳の外見に戻ることで人生の選択と後悔について振り返り、夫婦の絆、家族の大切さに気づいていく「夫婦再生物語」。同ジャンルで『ゴー・バック夫婦』や『知ってるワイフ』といった作品が思い浮かびますが、本作が新しいのは、過去にタイムスリップするのではなく、主人公の外見だけが高校生に戻り、「今」を生きているということ。
別人の高校生ウヨンとして一歩離れた視点から家族を見つめていくことで、父であり夫である時は知らなかった妻や子供たちの苦悩に気づき、近すぎたために解くのが難しかった誤解を一つずつ解いていきます。
それと同時に、若くして子供を授かった事で夢を諦めなければならなかった事実や、その選択によってかけがえのない幸せな瞬間を過ごしてきた事、毎瞬子供達のために妻と最善を尽くして懸命に生きてきた事…デヨンの人生と家族史を振り返っていくことで、「些細な幸せの尊さ」を観る人に伝えてくるのです。共感溢れるエピソードばかりで、筆者も毎話前が見えなくなるほど号泣した作品です。
そして何より外見は高校生で中身はおじさんというデヨン(ウヨン)を演じたイ・ドヒョンの神演技が光った本作。歩き方から話し方まで完全に「おじさん」な姿に爆笑してしまう一方で、愛する子供たちを想い、涙を浮かべる姿は、「父親」そのもの。娘が初めて「お父さん」と呼んだ日、声を震わせた演技は、脳裏に焼き付くほど強烈で忘れられません。ストーリーもさることながら、彼の表現力の深さにも震えるほど感動してしまう必見の一作です。
▼作品情報
『18アゲイン(原題)』
CSホームドラマチャンネル
4月5日放送開始 毎週火曜〜金曜 後2:00〜
(C) JTBC studios & Jcontentree Studios Co., Ltd All rights reserve

『社内お見合い』アン・ヒョソプの更なる沼に浸る『浪漫ドクターキム・サブ2』

大ヒットウェブ漫画原作の王道のラブコメ『社内お見合い』で、胸ときめく演技を披露し、新ラブコメキングの座に躍り出ているアン・ヒョソプ。日本のNetflixランキングでも常に上位を独占している本作ですが、本国テレビ放送でもラブコメでは珍しく10%を超える視聴率を叩き出し、視聴者を夢中にさせています。そんな現在大ブレイク中のヒョソプが、致命的な魅力で多くの中毒者を続出させ、シンドローム級の人気を誇った作品が『浪漫ドクターキム・サブ2』です。きっと更なる彼の沼に浸ること間違いなしの一作です。
【あらすじ】
病院の不正を内部告発して業界のつまはじきになったソ・ウジン(アン・ヒョソプ)は、神の手を持つ伝説の外科医キム・サブ(ハン・ソッキュ)にスカウトされトルダム病院で働くことになるが、両親が残した借金の返済に追われるウジンにとって手術は金を稼ぐ手段でしかない。一方、ウジンの同期チャ・ウンジェ(イ・ソンギョン)は優秀な成績で医大を卒業してコサン大学病院の胸部外科医になるが、手術室に入ると意識を失う恐怖症を抱え、トルダム病院への移動を命じられる。こうしてキム・サブのもとで働くことになった2人は、患者を救うことに全身全霊を傾けるサブの姿を見ながら少しずつ外科医として成長していく。

ところが、コサン財団の理事長ト・ユンワン(チェ・ジノ)は、トルダム病院を潰して新しい病院を建設する計画を立てており、ユンワンの息のかかった外科医パク・ミングク(キム・ジュホン)がトルダム病院に乗り込んでくる。

【見どころ】
「浪漫ドクターキム・サブ」は、“神の手"を持つ型破りな天才外科医と彼の元で奮闘する若き医師たちの成長を描くメディカルヒューマンドラマシリーズ。ヒョソプが出演する続編シーズン2は、2016年最高視聴率27.6%という高視聴率を記録したシーズン1を超え、瞬間最高視聴率28.4%という数字を叩き出す大ヒット作となりました。
本作のすごみは、医療ドラマでありながらも、現実感あるエピソードの数々と胸を打つセリフたちを通じて、私たちが「どのように生きていくべきなのか」を導いてくれるようなヒューマンドラマでもあること。地方のぼろぼろの病院で、お金や権力、地位にとらわれることなく、どんな時でも患者を最優先に考え、仲間を守るためには権力者との戦いも厭わない“浪漫ドクター”キム・サブの姿に、毎話胸が熱くなると共に、「真の大人の姿」、「真のリーダー像」とは何かを教えられます。
さらに本作、若手医師たちが繰り広げるロマンスがたまらなく良いのです! シリアスな医療ドラマの狭間に、しっかり胸キュンを奪っていくので、医療ドラマ苦手さんでもきっと楽しめる作品ではないかと思います。
その中心となるのが、ヒョソプ演じるウジンとイ・ソンギョン演じるウンジェ、フェロー2年目の同期二人の鬼キュン恋愛模様。ライバル心から反発しあっていた二人が、互いに惹かれあっていく様を繊細かつリアルに描き出していて、言葉にできないほどエモいのです。
白衣姿のツンデレヒョソプに沼落ち確定なのはもちろんですが、痛みを伴う過去を乗り越え、医者として、また人間として生まれ変わっていく様を、繊細に表現した彼の演技に魅せられるはず。「百想芸術大賞」で新人演技賞を受賞し、彼のフィルモグラフィーで欠かせない作品です。
▼配信情報
U-NEXT、Prime Videoなどで配信中
ライタープロフィール
Dramawriter Nana
韓国ドラマをこよなく愛するドラマライター。
WEB媒体を中心に、ラジオ、雑誌等で韓ドラ愛を叫ぶ記事執筆中。Twitterでは推しドラマ愛を暑苦しく配信中。
マニアックで隠れた名作なら任せて下さい。
Twitter:https://twitter.com/Nana_writer76

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索