ドラマ&映画 カテゴリ

Snow Manラウール、単独映画主演で芽生えた成長願望「一人になっても魅せられる力がある人でいたい」【インタビュー】

 人気グループ・Snow Manのラウール(17)が単独初主演する映画『ハニーレモンソーダ』が9日に公開を迎える。日本人離れした驚異的なスタイルと、グループ最年少ならではのピュアさのギャップで多くのファンの心を掴んでいるラウール。グループとしてもソロとしても快進撃をみせるなかでも、今回の単独初主演を経て「成長したいという欲も出てきました」と願う姿は、まるで太陽に向かってまっすぐと背を伸ばす向日葵のようでもある。そんな彼に、今作で改めて感じた自分自身のことや、仕事に対する思いなど話を聞いた。

 今作は、村田真優氏による漫画雑誌『りぼん』(集英社刊)連載、累計発行部数700万部突破の人気漫画を実写化。内向的な性格で不器用なヒロイン・羽花(吉川愛)が、いつも塩対応でクールだけど、本当は誰よりも優しい、レモン色の髪がトレードマークのまるで“レモンソーダ”のような男の子・三浦界(ラウール)に出会い、仲を深めていく中で自身も成長を遂げていくラブストーリー。胸キュンな恋模様に加え、周囲の人と交わり、次第に殻を破っていく羽花と、自らの過去に向き合う界の人間ドラマの要素も多く描かれている。

「自分は全くと言っていいほど熟していない存在」―― 一人になって実感するメンバーのありがたみ

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会(C)村田真優/集英社

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会(C)村田真優/集英社

――まずこの作品への主演が決定して、率直な感想はいかがでしたか。

ラウール今までこういった機会もなかったし、Snow Manでいったら、ラブストーリーをやるのは僕じゃないと思っていたのでびっくりしました。主演も、僕の中では信じられない。映画に出た経験も少なかったので、初めてづくしのお話に、幸せ者だなと思いました。界くんは自分とかけ離れた存在で、同性から見観ても尊敬できる男の子だったので、そうありたいなとまずは髪型を変えたり、見た目からどんどん変わっていきました。

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会(C)村田真優/集英社

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会(C)村田真優/集英社

――そんな界と自分で似ているところはありましたか。

ラウールほとんどないですね。むしろ、お手本、尊敬できる部分がある。設定では高校生だけど大人にこういう考えの人がいたらイケてるなと思うし、将来、自分もこういうマインドの大人になれたらいいな。例えば、「好きな人を守りたい」という気持ちは、今の自分には難しいから、将来好きな人ができたら「守りたい」と思えるような人でありたい、先生みたいな存在ですね。

どちらかと言えば、羽花ちゃんの方が性格には近い部分が多いかもしれません。ただ、そこまで僕は、人間関係の部分で変わりたいと思ったことはあまりないですが、人間として『成長したい』みたいな欲は常に持っているところは共通点であり近い部分だと思います。羽花ちゃんの『私はこれでいい』じゃないみたいな感じが共感できました。

吉川愛演じる羽花(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会(C)村田真優/集英社

吉川愛演じる羽花(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会(C)村田真優/集英社

――単独初主演の現場は、いつもと違いましたか。

ラウールいつもはメンバーに囲まれて気持ちの拠り所があるなかでやっています。単独初主演でいざ、パッと外に出ると、自分は全くと言っていいほど熟していない存在だと改めて気づくことができた。こういう現場で経験を積んで成長したいという欲も出てきました。自分の芸能生活の刺激にもなったし、いつもやっていることも大切だけどそれを輝かせるには、こういう経験も必要なんだと、一人になっても魅せられる力がある人でいたいと思いました。
――撮影後、家で反省することなどはありましたか。

ラウール毎日のように反省していましたね。反省というか『これで合ってたのかな』というの不安と、寝て、『明日もやるしかない』と奮い立たせることの繰り返しでした。
――自分の殻を破ろうともがく羽花の姿も魅力的ですが、ラウールさんは今、変わりたい願望はありますか。

ラウール背が伸びて、顔つきが変わったり身体の成長があったりするなかで、もっと心が大人になれたら良いと最近思うようになりました。自分の気分が落ち込んでいるときでも、人を大切にできるような人になりたいです。

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会(C)村田真優/集英社

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会(C)村田真優/集英社

――自分を精神面で強いと思うか弱いと思うかどうか。

ラウールどちらでもないような気がします。人生経験も浅く、ピンチを乗り超えた経験も少ない。どんどん自分の存在が形成されて大変なことがあったときにわかるのかな、と思います。
――まわりの方で『この人は強い』と思う人はいらっしゃいますか。

ラウール滝沢(秀明)くんは強い。東京で5番目くらいに忙しいと思うんですけど(笑)。それでもブレないから強い人だな、と尊敬します。それこそ大変なことや、ピンチでも冷静だから余裕があって、そういう大人になりたいと思います。
――自分自身のこともよく客観視されている印象ですが、この作品を経験する前後でなにかご自身のなかで変わったことはありましたか。

ラウール初めて話を聞いた時に、終わることの想像ができなかったのですが、絶対にやりきる瞬間はくる。始まれば終わる、という精神が身につきました。最近だと、舞台をやっていて、その舞台のオープニングのときに大変な舞台が始まった、と思うんですけど、いつかは終わる。だから肩の力を抜いて臨めばいいんだなと思うようになりました。

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会(C)村田真優/集英社

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会(C)村田真優/集英社

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索