ドラマ&映画 カテゴリ

小出恵介、役者として生きていく覚悟「70歳を過ぎてもやりたい」 “直談判”で映画復帰

 昨年8月に国内での活動再開を発表した小出恵介(37)。日本映画復帰作となる『女たち』が5月21日に公開を迎えるが、本作の奥山和由プロデューサーに“直談判”して出演が決まった経緯、2018年から過ごしていたニューヨークでの暮らし、そして今後の目標を語ってくれた。
 映画は、とある山あいの小さな町を舞台に「壊れゆく女たち」の姿を描いた作品。主人公の美咲(篠原ゆき子)は40歳を目の前にした独身女性で、夫の自死を受け入れられない母・美津子(高畑淳子)と暮らしていた。そして、倉科カナが、美咲が唯一心のよりどころとしている親友・香織を演じるが、彼女もまた人知れず心に深い闇を抱え、精神を患っているという役どころ。

 昨夏、日本に一時帰国した小出は「奥山さんにごあいさつに行ったときに映画を撮影していると聞きまして『どんな形でもいいので、通行人でもいいから現場の見学をさせていただけないでしょうか?』とお願いしました。それで、役があったら探していただけるとなり、出演が決まりました」と振り返る。
 約3年ぶりの日本での映画撮影は「急きょ出させていただくことが決まり、緊張しました。台本もいただいていなかったんですが、直前に一節のせりふをいただき、現場に臨みました。今までとは違った入り方でしたね」と話が進んでいった。

 出演が決定したときは「うれしかったです。3年経っていたので、役者である感覚が抜けている部分があり、映画に出るのが非現実的な感じがしました。今までどうやって準備をしていたか、ソワソワしましたし、『せりふは入っているかな?』と不安も大きかったです」と緊張の連続ながらも無事に撮影をこなした。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索