ドラマ&映画 カテゴリ

『青天を衝け』あらすじ【2021年大河ドラマ(第60作)】

第16回「恩人暗殺」あらすじ

第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

篤太夫(吉沢亮)と成一郎(高良健吾)は、円四郎(堤真一)に命ぜられ、一橋家の兵と家臣を募るべく関東に出向く。二人はかつての同志・真田範之助(板橋駿谷)に会い、一緒に働くことを勧めるが一蹴されショックを受ける。血洗島村では惇忠(田辺誠一)と平九郎(岡田健史)が水戸騒動に関わった嫌疑で連行され、惇忠は牢(ろう)に入れられる。一方京都では土方歳三(町田啓太)ら新選組が池田屋を襲撃。攘夷(じょうい)派志士の怒りは、禁裏御守衛総督(きんりごしゅえいそうとく)の慶喜(草なぎ剛)と側近・円四郎に向かっていく。
  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

  • 第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

    第16回「恩人暗殺」より(C)NHK

第17回「篤太夫、涙の帰京」あらすじ

第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

円四郎(堤真一)の命が奪われたことを江戸で知り、衝撃を受ける篤太夫(吉沢亮)と成一郎(高良健吾)。その時、京では慶喜(草なぎ剛)が自ら指揮を執り、御所に迫る長州藩兵と戦っていた。そこに、西郷吉之助(博多華丸)が薩摩藩兵を率いて加勢する。集めた兵を引き連れて京に向かう篤太夫たち。その道中、岡部の代官・利根(酒向芳)が現れる。さらに、水戸では、耕雲斎(津田寛治)と小四郎(藤原季節)が率いる天狗党(てんぐとう)が、慶喜を頼って京を目指していた。
  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

  • 第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

    第17回「篤太夫、涙の帰京」より(C)NHK

第18回「一橋の懐」あらすじ

第18回「一橋の懐」より(C)NHK

第18回「一橋の懐」より(C)NHK

篤太夫(吉沢亮)は、天狗党(てんぐとう)討伐のため慶喜(草なぎ剛)とともに京をたつ。一方、成一郎(高良健吾)は、慶喜からの密書を耕雲斎(津田寛治)に届ける。耕雲斎は降伏を決めるが、悲しい運命が待ち受けていた。一橋家を強くしなければという思いに駆られた篤太夫は、新たな兵の招集を慶喜に建白。歩兵取立御用掛となった篤太夫は、一橋領のある備中に向かう。江戸城では、三度(みたび)京に向かうことになった将軍・家茂(磯村勇斗)が、和宮(深川麻衣)との別れを惜しんでいた。
  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

  • 第18回「一橋の懐」より(C)NHK

    第18回「一橋の懐」より(C)NHK

第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」あらすじ

第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

売り方を変えることで一橋領の木綿の価値を高めることに成功した篤太夫(吉沢亮)は、さらに商売を盛んにするため紙幣の流通にも取り組む。勘定組頭に抜てきされた篤太夫は、財政を豊かにすることで一橋家を支えようと決意をする。そのころ薩摩では、欧州から帰国した五代才助(ディーン・フジオカ)が大久保一蔵(石丸幹二)と密談を交わしていた。ついに幕府は2度目の長州征伐へ…しかし、ひそかに薩長同盟を結んだ長州を前に、幕府は大苦戦。そんな中、大坂城で指揮を執る家茂(磯村勇斗)が倒れる。
  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

  • 第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

    第19回「勘定組頭 渋沢篤太夫」より(C)NHK

第20回「篤太夫、青天の霹靂」あらすじ

第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

慶喜(草なぎ剛)の次期将軍就任が避けられぬと目される中、篤太夫(吉沢亮)は「今将軍になっても、国中の非難を一身に背負うだけ」と慶喜に進言。一方、薩摩の大久保一蔵(石丸幹二)は公家の岩倉具視(山内圭哉)と共謀し、王政復古を画策していた。慶喜が徳川宗家を継いだことで幕臣となってしまった篤太夫は失意の日々を送っていたが、ある日、謀反人の捕縛を命じられる。警護のために同行するのは、新選組副長・土方歳三(町田啓太)だった。
  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

  • 第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

    第20回「篤太夫、青天の霹靂」より(C)NHK

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索