• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 趣味
  • 新定番! あのPhotoshopからカメラアプリが登場、簡単で“映える”写真加工を使ってみた

新定番! あのPhotoshopからカメラアプリが登場、簡単で“映える”写真加工を使ってみた

(左から)YouTuberの橋本からあげ、アドビの田中玲子さん

(左から)YouTuberの橋本からあげ、アドビの田中玲子さん

 画像編集ソフトの定番「Adobe Photoshop」を提供するアドビが、新たに展開するスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」。その魅力的な機能を紹介するとともに、人気YouTuberであり、SNSでも数々の画像を投稿する橋本からあげがアプリを体験した。
「Adobe Photoshop Camera」アプリのダウンロードはこちら
【iOS】App Store 【Android】Google Play

撮影する写真はリアルタイムで加工! 難しい編集作業はもういらない!?

アドビのマーケティングマネージャー・田中玲子さん

アドビのマーケティングマネージャー・田中玲子さん

 料理や風景、自分の写真などを、美しく鮮やかに撮影したい。SNS時代の今日、誰もが抱く願望だろう。一方、カメラの機能が改善されても、ピントが合わない、色味が汚い、空が暗いなど、理想の写真に近づけるためには、まだまだスキルが必要なのも事実。あとで加工すれば良いとはいえ、手間も時間もかけられない。「Adobe Photoshop Camera」は、私たちのそうした悩みを解決し、願いを叶えてくれるのだと、アドビのマーケティングマネージャー・田中玲子さんはいう。

 「スマートフォンのカメラアプリで撮影するのが当たり前の時代。加工機能も豊富に用意されるようになりました。しかし、フィルターが多過ぎて迷ったり、操作が難しかったりして、使いこなせていないユーザーさんも多い。また、インスタ映えする写真のために、むりやり危険な場所から撮影する人もいます。クオリティの高い写真を、誰もが簡単に撮影できるようにと、Photoshop Cameraを開発しました」(田中さん)
■AIが料理や風景、人物など、対象物に最適な写真へと瞬時に加工
 Photoshop Cameraの最大の特徴は、「Adobe Sensei」と呼ばれるAI技術が搭載されていることだ。「Adobe Sensei」は、数々の画像編集ツールを開発してきたアドビだからこそ実現した、高度な自動認識機能が備わっている。Photoshop Cameraの特徴は料理や風景、人物などを自動で認識し、対象物に最適な加工を瞬時にしてくれるのが、AIを駆使したフィルターや効果の様な「レンズ」というものだ。

 「通常、画像加工は撮影の後に行うものです。しかし『レンズ』を使えば、撮影と同時に加工が施されます。例えば、料理の写真を撮影する時に『食品』というレンズで撮影すると、Photoshop Cameraが自動で美味しそうな色味・明るさに調整してくれるんです。基本的なレンズ『人物』『風景』『食品』などを使用することで、空を美しくすることも、すっぴんの写真でも自然にきれいにすることも可能です。」(田中さん)

 さらに、撮影しながらイラスト調に変換したり、おしゃれでカラフルな背景の写真に仕上げることも「レンズ」を使うことで実現できる。

自動的に自然ときれいな写りを実現(左)、レンズ(「ポップアート」を使用)で撮影しながらアート加工(右)もできる

自動的に自然ときれいな写りを実現(左)、レンズ(「ポップアート」を使用)で撮影しながらアート加工(右)もできる

■現実を超える世界にワープ! 夢を実現するレンズ機能
 レンズは、単純な自動補正をするだけではない。例えば「ブルースカイ」というレンズを使用すると、背景の曇り空を青空にすることができる。空模様も複数の中から選択でき、雲が流れていく動画に仕上げることも可能だ。

加工前(左)の少し曇った空がブルースカイレンズの加工(右)で爽やかな晴れに

加工前(左)の少し曇った空がブルースカイレンズの加工(右)で爽やかな晴れに

 「現実をよりきれいにするだけでなく、現実ではない世界に仕上げることができるのがPhotoshop Cameraです。『花火』というレンズを使えば、近所のちょっとした風景に、花火を打ち上げることもできるんですよ。昼間の写真であっても夜空になり、花火の光が建物に映ります。今年は新型コロナウイルスの影響で多くの花火大会が中止になってしまいましたが、この『花火』レンズを使うことで花火大会を再現できるのでSNSで話題になりました。レンズは現在100種類ほどありますが、今後バリエーションを増やしていく予定です」(田中さん)

コロナ禍、花火大会を再現できるとSNSでも話題となった花火レンズ

コロナ禍、花火大会を再現できるとSNSでも話題となった花火レンズ

 他にも「アートフル」レンズを使えば商店街のような雑多な風景でもAIが細かく自動認識をし、繊細なタッチのイラストに瞬時に変換してくれる。これまでPhotoshopのような編集ソフトを使用し、時間をかけて加工してきた作業が、Photoshop Cameraを使うだけで一瞬でできるようになったわけだ。

加工前(左)の商店街がアートフルレンズの加工(右)で繊細なタッチのイラスト風に

加工前(左)の商店街がアートフルレンズの加工(右)で繊細なタッチのイラスト風に

■エヴァンゲリオンの世界へ…Photoshop Cameraのコラボレンズ
 レンズのもう一つの特徴が、人気のインフルエンサーやアーティストが手がける“コラボレンズ”だ。Photoshop Cameraはレンズを使うだけでなく、つくることもできる。現在、世界中のクリエイターが、日々新たなレンズをアップロード中。ユーザーはそれを無料で使用することができるのだ。

(左)クロカワリュート氏の「SugarMePop」、(右)福田愛子氏の「植物の壁」など日本のクリエイターたちもレンズを提供中

(左)クロカワリュート氏の「SugarMePop」、(右)福田愛子氏の「植物の壁」など日本のクリエイターたちもレンズを提供中

 「お気に入りの写真家やイラストレーターのタッチはもちろん、ミュージシャンの世界に写真を近づけることもできます。ビリー・アイリッシュを象徴する、緑のキャラクター「ブローシュ」や、「ウイングズ」のレンズを使用すれば、身近な風景や自分の姿に彼女の世界観が入り込んでくるんです」(田中さん)

橋本からあげもビリー・アイリッシュの「ウイングズ」レンズを体験! 普通の部屋で撮影していても(左)、アーティストの世界観を表現できる(右)

橋本からあげもビリー・アイリッシュの「ウイングズ」レンズを体験! 普通の部屋で撮影していても(左)、アーティストの世界観を表現できる(右)

 中でも話題を生んだのが『エヴァンゲリオン』とのコラボレーションした「エヴァンゲリオンレンズ」だ。背景の空に、初号機、第6の使徒、Mark.06などが浮かび上がり、景色はエヴァンゲリオンの世界に。使徒などは指でタッチすると場所や大きさを調整することもできる。さらに近日中に第2弾のレンズがリリースされる予定だという。これには一緒に話を聞いていたYouTuberの橋本からあげも興味津々。「エヴァンゲリオン大好きなんです!」と大興奮だった。

橋本が撮影した日常の一コマの中に新世紀エヴァンゲリオンのキャラクターが登場

橋本が撮影した日常の一コマの中に新世紀エヴァンゲリオンのキャラクターが登場

 「日本独自のカルチャーを発信できるようなレンズをつくりたい。そんな思いが今回のコラボレーションで実現しました。現在、国内外で多くの方に楽しんでいただけているようです。カメラアプリというと、若い女性向けのイメージが強いですが、Photoshop Cameraはあらゆる年齢・性別の方が楽しめるコンテンツを用意しています。ぜひ幅広い方に活用してほしいです」(田中さん)
「Adobe Photoshop Camera」アプリのダウンロードはこちら
【iOS】App Store 【Android】Google Play

せっかくの手料理が「残飯みたい」!? YouTuber・橋本からあげの悩みを解決

 今回は、日常やメイクの動画で人気を集めているYouTuberの橋本からあげがPhotoshop Cameraを初体験することに。体験前、普段からInstagramやTwitterで積極的に写真を投稿している橋本に、写真の撮影で悩んでいる事を聞いてみると…。

 「納得いくまで角度や色、明るさなどを調整しながら何十回も撮り直すことがあります。ちょっとした補正はスマートフォンの機能で対応しているのですが、Photoshopは難しいイメージがあって使用していないのが正直なところです。『加工された写真を最初から撮れたり、撮った後でも簡単に加工できたらどれだけいいことか』と思っていました」(橋本からあげ)

 セルフィ―だけでなく、ペットや料理の写真など橋本が撮る写真は幅広い。魅力的な被写体を見つけても、上手く撮れることはごく稀だという。

「食べ物の写真を撮ったら、色味が悪く、知り合いから残飯みたいだと言われてショックを受けました(笑)。ペットは白いポメラニアンなのですが、背景と同化してしまうのが悩みです。自分の髪を赤く染めた時も、本来の色どおりに撮影できませんでした。撮るのって難しいんです…」(橋本からあげ)
<自動補正機能、レンズで感動の仕上がり! Photoshop Camera体験>

 さっそく、橋本が自身で撮影した写真をPhotoshop Cameraで加工することに。まずは色味がぼんやりしていた橋本のネイルの写真。データはPhotoshop Cameraに取り込まれただけで、鮮やかな写真に変化した。レンズを使用する前の段階から、明度や彩度などの基本的な処理が自動でできるのだ。さらに、ネイルの写真にレンズ「アートフル」を使用すると、可愛いイラスト調の写真に変わった。

暗さの気になるネイルの写真(左)がまずは自動の補正で鮮やかな仕上がりに(右)

暗さの気になるネイルの写真(左)がまずは自動の補正で鮮やかな仕上がりに(右)

さらに、「アートフル」レンズで加工するとイラスト調に変化

さらに、「アートフル」レンズで加工するとイラスト調に変化

 つづいて唐揚げやラーメン、パスタなどの写真は、「食品」のレンズで美味しそうな色味に。それぞれの料理や食材の魅力を、A Iが自動で認識しているという。自炊することも多い橋本は、料理が下手だと思われるのではと不安を感じていたが、Photoshop Cameraがあれば安心だ。さらに、愛犬の白いポメラニアンは基本処理の「背景ぼかし」でくっきりと見えるようになり感動の仕上がりに。

加工前(左)、「食品」レンズで加工後(右)

加工前(左)、「食品」レンズで加工後(右)

ふわふわの白い毛が背景と同化していた橋本の愛犬が…

ふわふわの白い毛が背景と同化していた橋本の愛犬が…

基本処理の「背景ぼかし」でくっきり

基本処理の「背景ぼかし」でくっきり

 他にも、風景写真に「エヴァンゲリオン」レンズで使徒を投影したり、ビリー・アイリッシュの「ウイングズ」レンズで一緒に撮影したりとコラボレンズも体験。簡単で“映える”加工に2人はいつの間にか熱中していた。

様々な加工で盛り上がる橋本からあげとアドビ・田中さん

様々な加工で盛り上がる橋本からあげとアドビ・田中さん

 体験を終えた橋本は、ぜひ今後もPhotoshop Cameraを活用したいと語る。

 「ここまでスマホだけで直感的に加工できるものかと驚きました。イラストやロゴにも変換できるので、SNSだけでなく印刷して贈り物にしたり部屋に飾ったりしたいです。写真の仕上がりはもちろん、加工する作業自体も楽しいので、友人や家族とPhotoshop Cameraで遊べば、距離が縮まって思い出になると思いました」(橋本からあげ)

「Adobe Photoshop Camera」アプリのダウンロードはこちら
【iOS】App Store 【Android】Google Play

無料で、手軽に、新しい撮影体験 Photoshop Cameraがスマホライフを充実させる

 ベータ版で世界中のテスターが120万枚を撮影。そのフィードバックを経て完成した「Adobe Photoshop Camera」は、2020年6月11日より配信がスタート。既に多くのユーザーが利用しており、今後の機能強化やレンズの増加も見逃せない。

 無料で、手軽に、新しい撮影体験ができるPhotoshop Cameraは、あなたのスマホライフをより充実させてくれるはずだ。
<アプリダウンロード>
【iOS】App Store
【Android】Google Play

Adobe Photoshop Camera公式サイト
(インタビュー・文/相澤優太、写真/逢坂聡)

Sponsored by アドビ株式会社

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索