• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • ハーフ美女が美ボディ集団加入も15キロ増で『有吉反省会』で懺悔、自分流ダイエットでリバウンド克服

ハーフ美女が美ボディ集団加入も15キロ増で『有吉反省会』で懺悔、自分流ダイエットでリバウンド克服

ラテン系の血を引くJUNON、この仕事は天職

――JUNONさんは、東京出身で日本人の父とスペイン系フィリピン人の母を持つハーフですが、幼少期はどのように過ごしたのでしょうか?

JUNON 日本生まれの日本育ちですが、ラテン系なので朝起きてから、寝るまで家では音楽がかかりっぱなしで、母はいつも歌っていました(笑)。でも、フィリピンに初めて行った時はビックリしました。一家に一台かならずスピーカーのようなものがあって、大きな音で音楽を鳴らし庭で踊っているんですね。そういう文化だそうで、いま思うとこの仕事は天職だなと再認識しました(笑)。

――CYBERJAPAN DANCERS以外では、どんなお仕事をしていますか?

JUNON はい。居酒屋、コンビニ、カラオケ、引越し…アルバイト経験は誰にも負けない自信があります(笑)。CYBERJAPAN DANCERSと同時進行でアパレルで働きながら、ダンスボーカルの学校にも通っていました。最近は、シャンパンタワーの業者で働いてタワーを作っていました。とても楽しかったですよ!

――エイベックス・アーティストアカデミーに通い歌手を目指していた時期もあったそうですが…。

JUNON 倖田來未さんに憧れて、「私も人間味溢れる“エロカッコいい”面白い人になりたい!」と思い通いました。実は、違う学校にも通っていたんですが、エイベックスはレッスンが厳しく、体育会系の私には天国のような空間でした。

――そのアーティストの夢も叶いCDデビューしました。

JUNON アーティストになることが幼い頃からの夢だったので、レコーディングができることになった時は嬉し泣きしました。毎回レコーディングの前は、早起きしてランニングして、きっと誰よりも楽しみにしてスタンバっていると思います。歌を続けていきたいので、もっと勉強をして、腕を磨きたいです。いつかソロデビューすることが夢です。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索