ドラマ&映画 カテゴリ

実写よりもリアル? “超実写版”『ライオン・キング』の魅力を対談形式で徹底解説

 ディズニー好きモデル・minmamとAVライター・折原一也氏による”超実写版”『ライオン・キング』対談の後編。リアルさを追求した撮影方法や声の収録方法などについて語ってもらった。

<第一回>11月19日公開

ディズニー好きモデル・minmam×AVライター・折原一也氏 対談 〜前編〜
<第二回>11月25日公開
ディズニー好きモデル・minmam×AVライター・折原一也氏 対談 〜後編〜
<第三回>12月2日公開
AVライター・折原一也氏 4K UHD版『ライオン・キング』解説

リアルさの追究によって、役者の演技も実写と近い方法を再現

――ボイスキャストが実際に演じた表情や動きをCGに反映しているとおっしゃっていましたが、声もボイスキャストが演技しているものをそのまま使用しているのでしょうか?
【折原氏】そうなんです。通常のアニメーションで声を収録する場合は固定マイクの前で演技をするのですが、本作は簡易的に作られたセットの中でボイスキャスト達に実際の動物達のように演技をしてもらい、その時の声を使っています。ですから、リズム感や表情など、より臨場感が出せているのではないかと思います。
  • mim

    mim

【mim】私は吹替え版で観たんですけど、スカー役の江口洋介さんの声が良すぎてウットリでした(笑)。江口さんって悪役のイメージがないじゃないですか。だけどスカーの威圧感を感じましたし、優しくしゃべっていても心の中で悪いことを考えているのが伝わってきて凄いなって。ライオンの物語なのにまるで人間ドラマを見ているような気持ちにもなりましたし、「スカー、エエ声してるやん!」と思いながら観ていました(笑)。

【mam】すごくわかる! 江口さんのスカーって声色は優しいのに言ってることは怖いみたいな(笑)。
  • ティモンとプンバァ

    ティモンとプンバァ

【mim】ティモン役のミキの亜生さんなんて歌が上手すぎてビックリ! 「ティモンの歌唱力ハンパない!」って心の中でツッコミ入れました(笑)。

【mam】プンバァ役の佐藤二朗さんのアドリブっぽい演技も面白かったです。すごく豪華な俳優さんたちが演じていますが、普段の姿をテレビで見ているだけに、新たな一面を発見できるからおもしろいよね。

【折原氏】吹替え版の声優陣もシンバ役を賀来賢人さんが演じていたりと豪華ですが、オリジナル版ではナラ役を歌姫のビヨンセさん、シンバ役を『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に出演しているドナルド・グローヴァーさんが演じているんです。そしてムファサ役はアニメーション版と超実写版どちらもジェームズ・アール・ジョーンズさんが演じているのですが、25年経っているので以前よりも威厳が増しているんですよね。そういった違いも楽しめるなって思いました。
――より鮮明な画質が楽しめる4K UHD版では、いかがでしたか?

  • mam

    mam

【mim】4K UHD版も動物が生き生きとしていて、しかも画質が良すぎるほど良いので、ますます実写感がありました!

【mam】実は映画館で観た時はハイエナの住処のシーンは暗く見えたんですけど、4K UHD版は暗い中でもはっきり見えて、細かい部分も確認できました。暗い場所に陽が射しているのが美しかったです。

【折原氏】確かに4K UHD版は光の表現力がさらに豊かになっているので、暗い場所の奥行きまでハッキリと見えますよね。
【mim】あと水たまりに映る空の色や太陽の光の反射がリアルで綺麗だなと思いました。

【折原氏】いいところに気付きましたね。実はCGって水を表現するのが一番難しいんですよ。

【mim】そうなんですか! 水と言えば、大きくなったシンバがお水を飲んだ時にヒゲに少しだけ水滴がついててめちゃくちゃ可愛かった(笑)。

【mam】わかる〜! なんだかシンバに会いたくなってきたからMovieNEXが発売されるのが楽しみです。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索