• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • ライフ
  • ついにここまで…”タピオカ漬け丼”爆誕、富士そばでタピ活のワケ「なんとなく漬けたくなった」

ついにここまで…”タピオカ漬け丼”爆誕、富士そばでタピ活のワケ「なんとなく漬けたくなった」

  • 富士そば三光町店限定メニュー「ミニいくら風タピオカ漬け丼」(写真提供:富士そば三光町店)

    富士そば三光町店限定メニュー「ミニいくら風タピオカ漬け丼」(写真提供:富士そばFacebook)

 各店舗の店長が開発する、独自のメニューを販売していることで知られる富士そば。その新メニューとしてSNSで話題になっているのが“ミニいくら風タピオカ漬け丼”だ。東京・新宿三丁目の富士そば三光町店限定の新メニューで、流行りのタピオカをいくらに見立てるというトリッキーな発想が話題に。「女子のみなさん、富士そばでタピ活できますよ」というツイートが拡散され、SNSユーザーからは「狂気の沙汰」「さすがにその発想はなかった」と反響を得ている。

「一言でいえば、なんとなく」乾燥タピオカを見つめることで沸き出たアイデア

券売機ではそばとのセットで560円、オーダーすれば単品でも注文可能(価格は320円)

券売機ではそばとのセットで560円、オーダーすれば単品でも注文可能(価格は320円)(写真提供:富士そばFacebook)

 これまでも店舗限定メニューとして「カレーなる冷しゴーヤとろろそば」「カレーなるミニ厚焼玉子天丼」など、一風変わったメニューを開発し続けてきた店長の羽生さん。新メニューの“ミニいくら風タピオカ漬け丼”はどのようにして開発したのか。

「一言で言えば、なんとなくなんです。乾燥タピオカを見ていたら、なんとなく漬けたくなっちゃったんです。私がメニュー開発で何よりも大切にしているのは、インパクト重視であること。話題性を狙ってはおりますが、ここまでバズるとは正直予想外でした」(羽生さん、以下同)

 タピオカといえば、通常のタピオカドリンクに入っているのは”ブラック”と呼ばれる黒くて大粒のタピオカ。しかし”タピオカ漬け丼”で採用されたのは、”パール”と呼ばれる小粒の白いタピオカだ。自家製の醤油にタピオカをじっくり漬け込み、何度も試作を繰り返しながら完成させた制作秘話が、富士そばのFacebookに綴られている。

「え…冗談ですよね」「意外とアリ」SNSでは様々な反応が

  • 富士そば三光町店の店長・羽生さんの愛犬ボンジュ。店舗内に飾られる掲示物にもたびたび登場している(写真提供:富士そばFacebook)

    富士そば三光町店の店長・羽生さんの愛犬ボンジュ。店舗内に飾られる掲示物にもたびたび登場している(写真提供:富士そばFacebook)

  • 同時に発売された”なんちゃってシリーズ”「ミニ蒲焼き風炭火焼鳥丼セット」(写真提供:富士そばFacebook)

    同時に発売された”なんちゃってシリーズ”「ミニ蒲焼き風炭火焼鳥丼セット」(写真提供:富士そばFacebook)

 SNSでの反響を見てみると、「え・・・冗談ですよね、ネタですよね」「炭水化物と炭水化物?!」「その発想はなかった」などのコメントも見られたが、実際に食べてみたユーザーからは「意外とアリ」「タピオカを醤油に漬けていて、口に入れた食感も近くなっていた」という反応も見られた。

「ネットでの反響は嬉しく思います。もっとブーイングを受けることも覚悟しておりましたが、予想外に皆さん好意的につぶやいていらっしゃるようです。三光町店では、なんちゃっていくら丼と一緒に、なんちゃって鰻丼も販売開始しております。しばらくは、なんちゃってシリーズで攻めてみたいと思います」

 東京タピオカランドのオープン、タピオカの容器統一問題…と様々な方向に広がりを見せ、話題に事欠かないタピオカ。“ミニいくら風タピオカ漬け丼”は、そこに一石を投じる存在となるのか見ものである。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索