• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • ライフ
  • 『スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ』体験したい10のこと

『スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ』体験したい10のこと

実物大で再現された「ミレニアム・ファルコン号」(C)ORICON NewS inc.

 米カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランド・リゾート内ディズニーランド・パークに現地時間5月31日、新テーマランド『スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ』(以下、『ギャラクシーズ・エッジ』)がオープンした。

 ディズニーパーク史上最大規模のテーマランドとなる14エーカー超(5万6656平方メートル、東京ドームの約1.2倍)の広さを誇り、「スター・ウォーズ」の世界を満喫できるこのテーマランドは、8月29日に米フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内ディズニー・ハリウッド・スタジオにもオープンする(2ヶ所のテーマランドはほぼ同じ)。

 しばらくは混雑が予想されるが、これからカリフォルニア、またフロリダのディズニー・パークへの旅行を計画している人に伝えたい『ギャラクシーズ・エッジ』で“絶対にすべき”10の体験を紹介する。

【1】『ギャラクシーズ・エッジ』に行く前に「スター・ツアーズ」へ

  • 「スター・ツアーズ」

    「スター・ツアーズ」

  • 『トゥモローランド』

    『トゥモローランド』

 『ギャラクシーズ・エッジ』に行く前に、おすすめしたいのが『トゥモローランド』にある「スター・ウォーズ ローンチベイ」と「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」。

 「スター・ウォーズ ローンチベイ」は、R2-D2やC-3PO、ダース・ベイダーなどのキャラクター・グリーティング、映画の小道具や記念品の展示などを行っている施設。

 「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」では、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017年)に登場する惑星クレイトや『ギャラクシーズ・エッジ』の舞台となる惑星バトゥーが登場し、これから始まる冒険の“イントロダクション”に最適。「スター・ツアーズ」で銀河の辺境にある惑星にたどり着いたら、いざ、『ギャラクシーズ・エッジ』へ!
  • 「スター・ウォーズ ローンチ ベイ」

    「スター・ウォーズ ローンチ ベイ」

  • 「スター・ウォーズ ローンチ ベイ」に『ギャラクシーズ・エッジ』の模型が展示されていた(2019年5月30日現在)

    「スター・ウォーズ ローンチ ベイ」に『ギャラクシーズ・エッジ』の模型が展示されていた(2019年5月30日現在)

  • 「スター・ウォーズ ローンチ ベイ」ではキャラクター・グリーティングを実施

    「スター・ウォーズ ローンチ ベイ」ではキャラクター・グリーティングを実施

 『ギャラクシーズ・エッジ』に足を踏み入れると、そこは、宇宙の片隅にある惑星バトゥーの貿易港、ブラック・スパイア・アウトポスト。この人里離れた辺境地は、密輸業者や違法商人、変わった冒険家が集まる悪名高い場所で、ファースト・オーダーから逃れたい人々の隠れ場所にもなっている。

【2】「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」に乗船

 『ギャラクシーズ・エッジ』に入場したら、とにもかくにもアトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」を体験しなければ始まらない。“銀河系最速のガラクタ” と愛情を込めて呼ばれる「ミレニアム・ファルコン号」に乗り込み、ゲストは「パイロット」「ブラスターを撃つ射手」「ハイパースペース突入へ備える航空機関士」のいずれかの役割を果たしながら、極秘ミッションに挑む。6人乗りでほかのグループと同乗することもあり、違う任務につくことで、毎回全く違う体験ができる。

■「実物大・完成度100%のミレニアム・ファルコン号試乗記」はこちら
(C)Disney/Lucasfilm Ltd. (C) & TM Lucasfilm Ltd.

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!