• ホーム
  • 『ガンダム』生みの親・富野由悠季が感じた手塚治虫・宮崎駿の凄み

『ガンダム』生みの親・富野由悠季が感じた手塚治虫・宮崎駿の凄み

 日本のアニメ界を創世記から支えてきた巨匠・富野由悠季。日本を代表するアニメコンテンツ『機動戦士ガンダム』の原作者としても知られる富野監督は、『Gのレコンギスタ』を映画化すべく、その制作中であることを公表。奇しくも、同年代のアニメ監督・宮崎駿もジブリ新作映画の制作を発表している。そこで今回、富野監督にライバル“宮崎駿から受けた影響”や“『機動戦士ガンダム』への想い”などを聞いた。

『君の名は。』も映画とは思えない部分がある

  • 『ガンダム』生みの親・富野由悠季が感じた手塚治虫・宮崎駿の凄み

――『機動戦士ガンダム』で“リアルロボット”というジャンルを開拓。富野監督の歩んできたアニメ史は、日本の“巨大ロボットアニメ”の変遷そのものともいえます。
富野由悠季所詮は“巨大ロボットものでしょ”と、下に見られてきた時代から、僕はずっと巨大ロボットものを“一般化”するためにどうするか? を考えてきました。“巨大ロボットもの“を、単なるロボットものとしてやっていません。アニメはとても映画的な媒体だからです。そして、まず「アニメ好き」「ロボット好き」「メカ好き」、そういう人が作った映画は必ずしもエンターテインメントにはなっていません。作劇としての面白みがないからです。ですから、ロボットものをやるなら映画の性能を利用するしかないと思いました。映画は演劇の延長線上にあって絶対的に観客の時間を縛ります。観客に気持ちよく見てもらえるのは、2時間が限界でしょう。そのうえで劇を作ることを意識するべきと考えて制作に従事してきました。

――「〇〇好き」が作る映画がおもしろくないと言うのは?
富野由悠季東宝の『ゴジラ』でいうと、初代の『ゴジラ』(1954年)はまだ許せます。しかし、技術的に実写とミニュチュアのバランスがすごく悪いんです。そうしたものを演劇的に調整してなめらかに見せる配慮がみえないからです。庵野(秀明)監督の『シン・ゴジラ』(2016年)でようやくこなれてきた印象はあります。それ以前のハリウッド版『GODZILLA』は“好き”という人たちが集まって作った映画でしょ? ヘリコプターがミサイルを撃っている絵や、街が壊れる絵があれば気が済んでいる。そういうのが好きなスタッフに作らせればいいとみんなで思っている部分が見えます。そういうことでいえば、『君の名は。』も映画とは思えない部分がありますが、芸能というのは客を集めてナンボの世界だから、その部分だけで言えばあれでよいともいえるから全否定はしません。ただ、動員数に屈服してしまって、映画評論家といわれる人たちが映画の内容に対して正当な評価ができていませんね。そんな評論では新海(誠)監督が堕落していくだけだよと言いたいです。“映画好き”というだけで映画を作らせちゃいけないと、なぜわからないのか。というようなことを思っています。なぜこんなことを言うかというと、自分の作る映画がヒットしないからで、負け犬が吠えているだけです(笑)。

僕は、宮崎さんにバカにされたことがある立場の人間

  • 『ガンダム』生みの親・富野由悠季が感じた手塚治虫・宮崎駿の凄み

――富野監督は、宮崎駿監督と同じ1941年生まれの同世代です。宮崎監督は先日、監督復帰を宣言されていますが、同じアニメ監督として意識される点はありますか?
富野由悠季同世代だから意識はします。かつて一緒に仕事をしたこともありますし、バカにされたこともある立場の人間ですから、嫌でも意識はします。

――バカにされた、とはどのようなことなのでしょうか。
富野由悠季これは説明できない部分でもあります。「そこを言ってくるか」という見識、知識の問題です。宮崎監督と自分を比べると、その点では歯が立たちません。さっきから僕が言っている「メカが好き、ロボットが好き、だけでロボットものが作れると思うなよ」と強調しているのは、言ってしまえば、宮崎監督が僕に言ってくれたことなんです。何を言われたかと言うと、「富野くん、それ読んでないの?」その一言。宮崎監督が聞かれたのは“堀田善衞“氏の著書で、知らない本ではなかったから、本当は反論したかったけど言葉が出てこなかったんです。家の本棚にはその本があって、半月前に半分くらい読んだ本でした。宮崎監督は大学時代から堀田善衛氏の本を読んでいて、アニメ作家になってからはその人とも付き合いがあったようです。そういう意味で学識の幅とか、深みが圧倒的に違う、僕では競争相手にならないと思いました。

――1974年に放送されたTVアニメ『アルプスの少女ハイジ』ではいっしょに仕事をされています。宮崎監督の仕事ぶりというのは?
富野由悠季当時、『ハイジ』であれば5日もらえれば1本の絵コンテを書いてみせる、という早書きの自信がありました。僕は虫プロ時代(アニメ制作スタジオ『虫プロダクション』)に手塚治虫先生の早書きも見ていますが、手塚先生と宮崎監督の動画はちょっと違います。宮崎監督はTVサイズに合わせたものを描く。それに比べて、あくまで手塚先生はアニメに憧れているディズニー好き、という印象でした。ただアニメではそうだけど、手塚先生は漫画家、ストーリーテラー、アイデアマンとしてだったら誰にも負けないでしょう。宮崎監督より3倍くらい上かも知れません。そんな2人の早書きを見ていたら、僕なんか歯が立たないとわかってしまいます。

――手塚治虫、宮崎駿という二人の凄みとは?
富野由悠季手塚・宮崎のような作り手をそばで見ていると、ひとつの目線だけでアニメを作れるとは思えなくなります。宮崎監督は『紅の豚』が作れるから『風立ちぬ』も作れるんです。どういうことかというと、メカのディテールはもちろん物語の描き方も熟練しています。だから、『風立ちぬ』みたいな巧妙な作劇ができるんです。僕からすると、あの作品はアニメという枠を超えた“映画”なんです。最近でいうと、片渕須直監督の『この世界の片隅に』が、アニメではなく“映画“であると言えます。その凄さを理解したうえで、僕はこの年齢になっても巨大ロボットもので“作劇のある映画”を作りたいと思っているわけです。

自分自身が“生き延びるため”、オリジナルを手に入れるしかなかった

  • 『ガンダム』生みの親・富野由悠季が感じた手塚治虫・宮崎駿の凄み

富野由悠季僕がアニメ業界に入った時、TVアニメの仕事というのは社会で最底辺といってもよい仕事でした。フリーになって青色申告をする際、5、6万円の経費を認めてもらうのに一苦労するほどで、僕は30歳を過ぎて子供がふたりいましたが、40、50の年齢を超えていけるのか、果たして60歳に辿り着けるのか不安でした。当時は出来高払いの仕事で、このままだと地獄だというのは目に見えていました。そんな時、高畑勲、宮崎駿といった質の違う人と出会えて、こんな人もいるのか!? と衝撃を覚えたわけです。

――高畑さんはどんな印象だったのでしょうか。
富野由悠季高畑さんは東京大学出身でアニメの仕事をやっていて、当時の環境からしたら本気? と思いました。しかも、東大を出ている人がムキなって僕に『ハイジ』の話をするわけです(笑)。それを見た時、職業としてアニメの仕事をやってもいいのかな、と思えました。その頃はいろんな現場の仕事をしていて、自分の居場所もなかった時で、日本サンライズという会社に虫プロから独立した人たちが集まってきていて、結局こういう場所でやるしかないだろうと思ったんです。ですが、サンライズは新興会社だから、世界名作劇場のような割のいい仕事はとれません。だから巨大ロボットものでやっていくしかありませんでした。それで、ロボットものの仕事をしながら、自分はこのまま50、60歳までやれるのか…。だったら、自分のオリジナルアニメを手にいれるしかない! と考えたわけです。

――そうした中で、『無敵超人ザンボット3』『無敵鋼人ダイターン3』『機動戦士ガンダム』の監督を務めるわけですね。
富野由悠季当時は著作権もあいまいな時代でしたので、3本目の『ガンダム』の時に著作権をちゃんと自分で取れるようにとストーリーを描き、映画化も視野に入れて作りました。スポンサーを騙しながら、そういう仕掛けをつくっていったわけです(笑)。つまり、『ガンダム』は自分が“生き延びるために仕掛けた”ことなので、命拾いした作品、という印象です。

――富野監督が産み出した『ガンダム』が、40年近くに渡って支持されています。
富野由悠季人気がここまで継続したことを考えれば、僕自身の“命拾い”というだけの生易しいものではありませんでした。実を言うと、僕ひとりが発案して『ガンダム』が成功したわけではなく、キャラクターデザインの安彦(良和)君、メカニカルデザインの大河原(邦男)君がいたから、でもないんです。どういうことかというと、著作権があり、映像化権があり、商品化権があり、それぞれの権利を獲得し、それを分け合うためのシステムをどう作っていったか。そして、それを会社という組織でみんなが意識したから今のガンダムがあるんです。この総体的な動きについては、10年くらいたって気づきました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!