アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 趣味
  • 『コップのフチ子』名物広報“シキ子”さんに突撃取材! 奇譚クラブのガチャガチャはなぜ人気?

『コップのフチ子』名物広報“シキ子”さんに突撃取材! 奇譚クラブのガチャガチャはなぜ人気?

クオリティを追求しすぎて利益にならないことも……

  • 細かい部分まで作り込まれているフチ子

    細かい部分まで作り込まれているフチ子

――フチ子さんって何者なんですか?
しき モデルはいないんですよ。買った方が自由に妄想できるように、設定を作らなかったですよ。「私のフチ子さん」みたいな感じになってほしいなと思っていたので、うちから出してる設定は何もない。「フチ子さん」という名前なのかもどうかもわからない、みたいな。

――顔とかも絶妙ですよね。
しき 絶妙なんです。笑ってるようにも見えるし……。自分の思いをとことん投影できるって言われますね。それによって大変な部分もあるんですけど。プロフィールとか「OL“風”の女性」とか言ってますからね。

――ひとつひとつのクオリティにはかなりこだわられてますよね。
しき なぜうちのものが良いかと言うと、みんなオモチャがすごい好きなんですよね。やっぱりガチャガチャって粗悪なもののほうが圧倒的に多くて、例えば「スカートの中の作り込みがない!」とか。ちょっとしたことなんですけど、それって買った人の喜びにつながると思ってるんです。土下座ストラップも、裏返すとサラリーマンがなんとも言えない表情になってるとか、買った後の驚き+喜びも大事にしたいと思ってるんです。フチ子さんも、ガチャガチャの台紙だとパンツが見えないようにしてるんですよ。買うと、「フチ子さんパンチラしてる!」みたいなところまで作り込んでます。ただ、そうすることによって利益が全然上がらないという問題が……。
――えっ、そうなんですか?
しき 昔の生物系のなんかは、作り込みすぎて、作れば作るほど赤字だったんですよ。

――キャラクターとのコラボレーションもたくさんされてますけど、基本的にはオファーを受けてという感じですか。
しき 基本的にはそうですね。

――オファーを承諾するポイントって何かあるんですか?
しき 誰かが好きだったらやらせていただく、という感じですね。なぜかというと、知らないのに作っちゃうと中途半端になっちゃうので。それがまたファンの方に申し訳ないっていうのと、適当なものになっちゃうのが嫌なので、そこがクリアできればやるという感じですね。逆にうちからオファーするのはキレキレなもののやつが多いですかね……(笑)。『ゴルゴ13』とか、「ギョーザ男」はこちらからオファーさせていただいたやつですね。

カプセルトイの魅力は「不便さ」だと思います

  • あのタイヤ、あの、校庭でよく見た…

    あのタイヤ、あの、校庭でよく見た…

  • フチ子の部屋。よ〜く見ると…

    フチ子の部屋。よ〜く見ると…

  • こんなところにもフチ子!

    こんなところにもフチ子!

  • シキ子には「気づいたらなってました」と話すしきさん

    シキ子には「気づいたらなってました」と話すしきさん

――しきさんはなぜ『シキ子さん』を?
しき 何でですかね。気づいたらなってましたね(笑)。一番最初にやった時はもう2年くらい前なんですけど、僕もともと全然違う仕事をしていて奇譚クラブに入ってたんですけど、もともとフチ子さんのファンだったんですよ。そのときからコスプレした方が絶対面白いなと思ってたのと、トークショーとかに呼んでもらうことが多かったので、マスコット的な人がいたほうがいいかなってとりあえずやってみたら、2年経ったという。

――カプセルトイの魅力ってなんだと思いますか?
しき 「不便さ」かなって思います。今ってアマゾンで頼めば商品が1時間で届くサービスもあるじゃないですか。そんな便利すぎる時代にも関わらず、ガチャガチャってどこに置いてあるのかわからないんですよ、僕らも。欲しくても買えない。まずはそこを探すっていうひとハードルがあって、さらに見つけたあとも、自分が好きなのが出ないっていう、ふたつの不便さがあって、それがたぶんお客さんの心にも残るし、購買意欲につながってるんじゃないかなと思います。その不便さは、残したほうがいいかなと思っています。『フチ子さん』をよく「WEBで売りたい」というお話をいただいたりするんですけど、それは基本的にはお断りさせてもらってます。ガチャガチャ大好き会社なので(笑)。
  • 10周年展にもガチャガチャがたくさん!

    10周年展にもガチャガチャがたくさん!

――ガチャガチャならではの楽しみってありますもんね。
しき 僕らは置き場所にも工夫してて、スーパーとかドラッグストアは従来から置いてあるので、風景になっちゃってるんですよね。あるのが当たり前、みたいな。もちろんそこに集うお客さんは一番大事ですが、これまでガチャガチャをやらなかったお客さんに向けて、意外なところに置いちゃおう…その一環がパルコさんなんです。パルコでガチャガチャって見ないじゃないですか。最初に池袋で初めてやったんですけど、インフォメーションの横に置かせてもらったんです。ターゲット的にもハマったようで、売上も非常によかった。やっぱり「子どもっぽい」となかなか手を出せないお店もいますので、それを払しょくできたのはよかったなって。ガチャガチャのメーカーが展覧会やるのは初めてらしくて、それはありがたいなって思います。

――奇譚クラブが大人向けの市場を切りひらいたんですね。
しき 『フチ子さん』でガチャガチャの業界自体がホットになってるっていうのがありがたいなって思います。
前へ
  • 1
  • 2

奇譚クラブ 10周年展

累計1000万個を突破した「コップのフチ子」をはじめ、「土下座ストラップ」「くいとめるニャー」など、愛のあるモノづくりという新年のもと、ユニークなガチャガチャを展開している奇譚クラブが、10周年を記念して展覧会を開催。渋谷パルコでは27日までだが、来年3月からは名古屋パルコでも開催予定。

■奇譚クラブ 10周年展
○開催日時:2015年12月11日(金)〜12月27日(日)
10:00〜21:00
※最終日は18:00閉場
※入場は閉場の30分前まで
○開催会場:渋谷パルコPART1・3F「PARCO MUSEUM」

名古屋開催決定!!
○開催日時:2016年3月18日(金)〜4月3日(日)
10:00〜21:00
※最終日は18:00閉場
※入場は閉場の30分前まで
○開催会場:パルコギャラリー(名古屋パルコ西館・8F)

『奇譚クラブ本〜コップのフチ子と愉快な仲間たち〜』発売中

『奇譚クラブ本〜コップのフチ子と愉快な仲間たち〜』
発売中!
フィギュア付版…PCZP-95062/価格:2000円(本体)+税
通常版… PCZP-95063/価格:1700円(本体)+税
発売元:株式会社ポニーキャニオン

⇒書籍の詳細はコチラ(外部サイト)
⇒奇譚クラブ公式HP(外部サイト)
⇒公式ツイッター@kitan_club(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!