ドラマ&映画 カテゴリ

平愛梨インタビュー『理想はもっとしっかりしたい』

妹のお風呂から学んだこと!?

――現場でも「吐き気がして撮影を中断させてしまった」とパンフレットに出てますが、クライマックスで伽耶子と向かい合ったときですか?
それが、まったく関係ないシーンなんです(笑)。これから麻衣に起きる出来事とつながるシーンなので、彼氏役の桐山漣さんと伽椰子さんのシーンを見ておくように、監督に言われたんですね。見学していたら、うずくまって襲ってくる伽椰子が本物の幽霊に見えて。手が震え出して顔が真っ青になって過呼吸みたいになってしまったんです。「ちょっと休ませてください」って見学すらできなかったという(笑)。

――なら、自分のシーンのときは……。
本番だけ伽椰子さんに出てもらって、リハーサルではギリギリまで助監督さんが代わりにやってくれました。驚いたお芝居というより、素で怖がっていました。

――今回は役作りというより、リアルに恐怖が出た感じですか?
でも、CGを入れる前のシーンでは、どう驚くか考えました。それで実際に人が驚くところを見ようと、妹がお風呂に入っていたときに「フフフフフ……」って言ったら「キャーーッ!!」とめちゃ驚いて。人はビックリするとこうなるのかと、役に活かしました(笑)。

――クランクアップでは壁を乗り越えたような達成感も?
30歳なのに大号泣してしまって(笑)。それだけ怖かったんだと自分で改めて思いましたけど、まだ達成感はないです。気づいたら終わっていたというか。でも、歴史ある『呪怨』シリーズ“ファイナル”ということで、撮影が進むに連れて「私がちゃんと成仏させてあげよう」という気持ちになっていきました。

どんな仕事でもいいから働きたい!

――これで今年2本目の主演映画ですが、愛梨さんはバラエティでも大活躍中です。自分のなかでどんなバランスでやりたいとか、ありますか?
『呪怨』の撮影中は、バラエティ収録は怖さから逃れられて良かったです。それでも周りの方に「いつもの感じと違う。憑りつかれてる?」とか言われました(笑)。バラエティでの私は“天然”と言われることが多いので、映画の現場では「あのキャラが来た」と見られるんじゃないかというプレッシャーもあります。だからこそ、女優としてしっかりやろうと責任感が強くなります。

――バラエティでウケている天然的な発言は、自分ではどう思いますか?
“天然”っていうオブラートに包んでもらっていると思います。10代や20代前半なら許されますけど、30歳でこれだと、世間を知らないとんでもないヤツですよね(笑)。母にも「ハラハラする」と心配されますし、理想はもっとしっかりしたいんですけど。

―― 一方、バラエティ番組の出演では「歌やダンスをやりたい」という発言もありました。
昔から歌ったり踊ったりすることが大好きだったので。でも私、20代前半にずーっとレッスンばかり受けていた時期があって。「どんなお仕事でもいいから働きたい!」というのが一番でした。

――美人女優のイメージが強かった愛梨さんがバラエティに出始めたときは、意外な感じもしましたが。
きっかけは『クイズドレミファドン!』(フジテレビ系)に出たとき、ルールをまったく知らないで相手チームに答えを教えちゃったりして、司会の秀さん(中山秀征)に「すごい原石を見つけました」と言っていただいて。オンエア翌日から、事務所にすごく反響があったそうです。だから秀さんと、『20世紀少年』でお世話になった唐沢(寿明)さん、浦沢(直樹)先生には一生感謝の気持ちです。

――この夏もお忙しいかと思いますが、プライベートでやりたいこともありますか?
海に行きたいです。私、去年まで、海に入ったら病気になると思っていたんです(笑)。勝手に固定観念が強くなっちゃって。でも、『東野・岡村の旅猿〜プライベートでごめんなさい〜』(日本テレビ系)で海に行かせていただいたり、海外に行く機会が多くて、もっと海のことを知りたくなりました。世界は海で繋がっていると偉大さも感じて。日焼けとか気にしないといけませんけど、私は夏こそ海で焼けて「生きてるよ!」みたいな実感が欲しいです。
(文:斉藤貴志/撮り下ろし写真:逢坂 聡)

呪怨−ザ・ファイナル−

 小学校で教師をしている妹の結衣(佐々木希)が姿を消したと聞いた麻衣(平愛梨)。その行方を追ううちに、不登校を続けていた佐伯俊雄(小林颯)という生徒の家を、結衣がたびたび訪ねていたと知る。結衣の情報を得るために佐伯家に向かうが、その日から麻衣の周囲で不可解な現象が起こり始める……。

監督:落合正幸
出演:平愛梨 桐山漣 おのののか 柳ゆり菜 松浦雅
2015年6月20日(土)全国ロードショー
(C)2015「呪怨 ザ・ファイナル」製作委員会
【予告編】(外部サイト)【公式サイト】(外部サイト)

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索