• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

藤原竜也 心のままに歩んだ20年

前へ

読者へメッセージ「継続は、目の前のひとつひとつの積み重ね」

「今作の入江監督のような若くて才能のある方達と仕事するのは面白いですし、刺激にもなります。そういう環境にいられることが贅沢だと思っています。それを継続させるためには、やはり目の前の仕事を一生懸命やらなくてはいけない。これまでの20年間は、先のことを考えるというより“今、関わっている作品を成立させなければ次が無い”という思いで挑んできました。そのひとつひとつが成功だったのか失敗だったのか判断は難しいけれど、そうして今に繋がってきたのは間違ないですよね」

芝居に対する難しさは20年前も今も変わらない。難しいからこそ、常に目の前の “今、関わっている仕事”を懸命に取り組んできた藤原。20年経って大人になり、今は仕事に対する余裕も出てきたようだ。

「監督や共演者によって現場が大きく変わってくるので、特に最近は昔に比べると“変なこだわり“が無くなってきています。現場に入ってみて“なるほど”と納得して馴染んでいく作業が大事ですし、なんといっても作品は監督が思い描いているものがある。話をよく聞いて、監督が思うカットを成立させるために自分はどういう表現ができるのか、どんなことを求められているのかということを優先して考えるようにしています」

「演劇や映像の仕事をやり続けること自体が大変ですけれど、それはきっと意味のあること。良い台本をもらうとテンションもあがりますし、才能のある方達と出会えた時の喜びは大きい。とにかく現場で面白い方達と一緒にいるのが楽しいんです。これから先も、そういう現場や出会いを期待しています」

(取材・文 / 奥村百恵)
(写真 / RYUGO SAITO)
information
『22年目の告白―私が殺人犯です―』
6 月10 日(土)公開

かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な微笑みを浮かべる曾根崎雅人。それは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった。

監督:入江悠
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル
公式サイト:www.22-kokuhaku.jp
(C)2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会
前へ

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索