• ホーム
  • 映画
  • 大地康雄、上野「江」に親心 「演技が掛け算になる瞬間があった」

大地康雄、上野「江」に親心 「演技が掛け算になる瞬間があった」

 豊川悦司が好演した織田信長亡き後、上野樹里演じる江に2度目の落城が襲いかかろうとしているNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』(日曜 後8:00〜)。その渦中の人物として登場する江の養父・柴田勝家役の大地康雄が、27日放送の第8話「初めての父」を前にインタビューに応じた。主演の上野との演技の掛け合いを振り返り「気持ちが通じ合ったシーンが結構あった」と“親心”をのぞかせ、「演技が“掛け算”になる瞬間があった」と目尻を下げていた。

 信長の父・信秀の時代から織田家に仕え、「鬼柴田」と恐れられた織田家No.2の戦国武将・勝家。大地自身も「ケンカが強くて、剛直で信念を曲げない人」というイメージを念頭に役作りに励んだその人物は、信長亡き後に三男・信孝を推すも、羽柴(のちの豊臣)秀吉の策略にはまり後退。その後、江ら浅井3姉妹の母・お市(鈴木保奈美)と結婚するが、賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れ、その生涯の幕を閉じた。

 武骨な戦国武将としての立ち居振る舞いが序盤でも目を引いている勝家だが、大地は「2つの柱を大事にした」とポイントを挙げる。「1つは信長に対する忠誠心。そしてもう1つは、お市と結婚し、美女4人に囲まれて、家来たちも見たことのない勝家像」。女性視点の同作ならではの父親の一面にもこだわったという。

 江たちの前で見せる勝家の屈託ない笑顔は、戦国時代の渦中にありながらも幸せな家庭の雰囲気をかもし出す。大地は「家族を知らない孤独な幼少時代を送ったという設定で、自分の中で役を作っていった。女性ともそれまで関わりなく、武者修行だけで自分を見いだそうとしてきた人物」ゆえに、そのギャップが視聴者の心をつかみそうだ。

 「勝家さんは切ないというか、いちばん楽しい時が半年で終わる」と大地が名残惜しげに語るように、別れは突然訪れる。「江はじめ3姉妹から『戦は嫌でございます』と、耳にたこができるくらい言われる。戦よりも楽しい家族と生きるほうが幸せだけど、行かざるを得ない葛藤があって。そういうシーンは俳優としてやりがいがありましたね」。

 収録を終えた後でも、いまだに勝家に対する思いは消えないと言い「私だったら、天下を秀吉にくれてやる。家族と余生は楽しく暮らしたいじゃない。私ならそっちを選ぶと思うけどね〜」と、はがゆさをにじませた。

 現場では、女性キャストとなかなか目を合わせられなかったと照れ笑いする大地。「今まで美人に囲まれての撮影経験がなかったので。そういうの、あるじゃないですか。意識が強い分だけ無口になる、みたいな。だから、今度の勝家は多くの男性も共感するのでは?」と肩を揺らす。

 共演した上野に対しては「江そのものでした。ずっと台本とにらめっこして悩んだりしてる姿は、江が悩んでるようで。役のことで悩んでるのか、江が悩んでるのか区別がつかないくらい、入れ込んでいる」と賛辞は尽きず。「仕事に対する取り組み方が真摯。まじめな女優さん。今後に期待ができますよ」と“親心”をのぞかせていた。


関連写真

  • 大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で柴田勝家役を演じている大地康雄(C)ORICON DD inc. 
  • 大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で柴田勝家役を演じている大地康雄(C)NHK 
  • 柴田勝家と上野樹里演じる江(C)NHK 

オリコントピックス