• ホーム
  • 映画
  • 中村獅童、実写版『忍たま』に出演 “親子役で映画初共演”清史郎クンは「僕よりも大人」

中村獅童、実写版『忍たま』に出演 “親子役で映画初共演”清史郎クンは「僕よりも大人」

歌舞伎俳優の中村獅童が、人気漫画・アニメの実写版『忍たま乱太郎』(三池崇史監督、7月23日公開)で主人公・猪名寺乱太郎に扮する加藤清史郎と親子役で映画初共演することが16日、わかった。中村は『いま、会いにゆきます』(2004年)以来の父親役。その映画で共演した竹内結子との間に男児をもうけ、その後離婚したものの父親役は「僕にぴったり」と喜び勇んで出演を決めた。撮影現場では、加藤と“キャッチ手裏剣”を楽しむなど、和気あいあいと過ごした中村だが、「清史郎くんは経験豊かな役者さんのようにしっかりしており、僕よりも大人のようなところもあって驚きました」と脱帽する。

中村扮する乱太郎の父・平之介は、名前の通りのヒラ忍者で半農半忍の生...

オリコントピックス