アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 香取慎吾、4度目の月9で“幸せを売る男”に 〜黒木メイサが同枠初ヒロイン

香取慎吾、4度目の月9で“幸せを売る男”に 〜黒木メイサが同枠初ヒロイン

 SMAP香取慎吾が、4月期の新“月9”ドラマ(タイトル未定)で主演を務めることが8日、わかった。2008年に女優・竹内結子とタッグを組んだ『薔薇のない花屋』以来約3年ぶり、02年『人にやさしく』、06年『西遊記』から数えて通算4回目の同枠主演となる。今回香取は、“幸せを売る男”として結婚アドバイザー役に挑戦。そのクライアントとしてヒロイン・黒木メイサと彼女の“お相手”役に俳優・藤木直人が登場し、三角関係が展開される、ミステリー要素を盛り込んだラブコメディ。香取は「幸せを売れるほど、幸せな時代ではありませんが、見てくれる方と僕の役が、幸せになれるよう、LOVE注入します!!」と意気込んでいる。

 結婚相談所のアドバイザーとして多くのカップルをまとめてきた実績を持つ香取演じる主人公は、仕事上「紹介する2人にはちゃんと愛し合ってほしい」がポリシーの熱い男。独学で身に付けた恋愛にまつわるさまざまなテクニックや理論を用いて成果を上げてきたが、初めて彼の“恋愛テクニック”が通じない客として黒木、そしてイケメン弁護士として藤木が登場する。いずれも相談所を介さずとも結婚相手を自力で見つけられそうな美男・美女だけに、その背景にはさまざまな“秘密”が用意されているようだ。

 同枠初ヒロインに抜擢された黒木は「都会で働く女性を『月9』というキラキラしたイメージに負けないように演じていきたいです」と、ラブコメという新境地に期待を膨らませる。さらに2007年『プロポーズ大作戦』以来の月9登板となった藤木は「謎めいた弁護士という役ですが、小学生の時クラスのアンケートでミステリアスな男子2位に選ばれたのでその実力を発揮して頑張ります」と、それぞれの抱負を語った。

 今回プロデューサーを務めるのは、織田裕二主演『太陽と海の教室』(08年)や続編が決定した天海祐希の代表作『BOSS』 を手掛けた村瀬健氏。「おもいっきり笑って、でもキュンとしてしまう、ハリウッド映画のようなロマンティックラブコメディーにしたいと思っています」と、キャスト、スタッフともに気合十分だ。

◆関連ニュース一覧 フジテレビドラマ

関連写真

  • 黒木メイサが4月放送のフジテレビ系月9ドラマに出演 (C)ORICON DD inc. 
  • 藤木直人が4月放送のフジテレビ系月9ドラマに出演 (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス