• ホーム
  • 映画
  • 上戸彩、結婚観赤裸々告白 「旦那さんに文句は言わない」

上戸彩、結婚観赤裸々告白 「旦那さんに文句は言わない」

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優・上戸彩(24)のNHK初主演となる連続ドラマ『10年先も君に恋して』の会見が17日、東京・渋谷の同局で行われ、上戸と内野聖陽が出席した。V6森田剛との熱愛が取り沙汰される上戸は、すれ違いの夫婦を描く内容に「夫婦で大ゲンカするシーンがあるけど“上戸彩”的には納得できなくて。私だったらその道を選んだ時点で旦那さんに文句は言わない」と自身の結婚観を赤裸々に明かした。

 男運がなく、本が大好きな女性編集者・里花(上戸)の目の前に、ある日突然未来の夫・博(内野)が現れる。40歳の未来の博と30歳の結婚前の恋人・博との奇妙な三角関係を軸に、「もしも人生をやり直せたら…」という切ない想いを描くタイムトラベル・ラブストーリー。上戸は26歳と36歳の里花、内野は30歳と40歳の博の2役ずつを演じ分ける。

 2人は2004年のドラマ『エースをねらえ!』(テレビ朝日系)で、ヒロインとコーチの間柄で共演。「恋愛モノはあまりやったことがないけど、自然に感情移入できた自分にビックリ」と満足げに語った上戸は、相手が「内野さんだったからかな。(博のセリフに)キュンときちゃって、好きになりそうでした」とも。内野も「最近むさくるしい男くさい役ばかりやってたので、ほとんど枯れかけた木に水をやるような感じで『嫉妬するってどういうことだっけ?』って。でも緊張することなく『彩、彩』って言って」撮影に臨んだという。

 役柄と自身の結婚観の違いから、夫婦ゲンカのシーンは「里花になるのに力を入れた部分」という上戸は、6週間に及ぶ撮影を終えて「結婚観は変わらないと思います。結婚とか家庭を持つことは憧れる」と乙女心をチラリ。「マンネリにならないように努力しなきゃって観ている人に思ってもらいたい」とアピールしつつ、自身も「奥さんになったら、常に女性として扱われるよう努力したいと思います」と未来を夢見ていた。

 NHKドラマ10『10年先も君に恋して』は31日(火)午後10時より放送開始(初回48分スペシャル 全6回)。

◆関連ニュース一覧 NHKドラマ



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • NHKドラマ『10年先も君に恋して』の会見を行った上戸彩 (C)ORICON DD inc. 
  • NHKドラマ『10年先も君に恋して』の会見を行った内野聖陽 (C)ORICON DD inc. 
  • NHKドラマ『10年先も君に恋して』の会見を行った(左から)内野聖陽、上戸彩 (C)ORICON DD inc. 
  • NHKドラマ『10年先も君に恋して』の会見を行った(左から)内野聖陽、上戸彩 (C)ORICON DD inc. 
  • NHKドラマ『10年先も君に恋して』の会見を行った(左から)内野聖陽、上戸彩 (C)ORICON DD inc. 
タグ

オリコントピックス