ドラマ&映画 カテゴリ

“悪役”稲垣吾郎に絶対的自信 三池監督「SMAPの見方が変わります」

『第67回ベネチア国際映画祭』(9月1日〜イタリアで開催)のコンペティション部門にノミネートされている時代劇映画『十三人の刺客』(9月25日公開)の完成披露会見が17日、都内で行われ、主演の役所広司ら“刺客”を演じた俳優12人と刺客に狙われる暴君を演じた稲垣吾郎、その側近役の市村正親が壇上でそろい踏み。稲垣は史上最悪の暴君役という新境地に手応えをみせ、三池崇史監督は「SMAPの見方が変わりますよ」と自信をのぞかせた。

1963年公開の同名映画を三池監督がリメイク。江戸末期、悪政をしく明石藩藩主・松平斉韶(稲垣)を暗殺...

この記事の画像

  • 時代劇映画『十三人の刺客』の完成披露会見に出席した(上段左から)三池崇史監督、石垣佑磨、浪岡一喜、古田新太、沢村一樹、(下段左から)松方弘樹、伊原剛志、伊勢谷友介、役所広司、山田孝之 (C)ORICON DD inc. 
  • 時代劇映画『十三人の刺客』の完成披露会見に出席した(左から)沢村一樹、六角精児、近藤公演、窪田正孝 
  • 時代劇映画『十三人の刺客』の完成披露会見に出席した市村正親 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索