• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 松山ケンイチ、二宮和也との“嵐”体験に感心

松山ケンイチ、二宮和也との“嵐”体験に感心

■その他の写真ニュースはこちら

 二宮和也と俳優・松山ケンイチがダブル主演する映画『GANTZ』(佐藤信介監督)の製作報告会見が行われた5日、東京・日比谷野外音楽堂では前例のない同会見のパブリックビューイングが開催され、招待客約2000人が参加した。サプライズでキャストが登壇するや会場は熱狂に包まれ、なかなか鳴り止まない歓声に二宮は「ありがたい!」と感激。本郷奏多は「(歓声が)すごいですね! 二宮さん、いつもこんな中でやられてるんですか?」と驚きを隠せず、松山も「確かに…」と笑いながら感心していた。

 同会見終了後、二宮の「改めて野音の皆様にごあいさつしたいなと思いまして」というメッセージ映像とともに、会見に出席した玄野計役の二宮、加藤勝役の松山、西丈一郎役の本郷、岸本恵役の夏菜、映画のオリジナルキャラクター・重田正光役の、山田孝之がそろって野音のステージに登壇(小島多恵役の吉高由里子はドラマ撮影のため欠席)。気温35度、炎天下の会場はさらにヒートアップした。

 山田はなぜかロシアンハットをかぶって登場し「日本は暑いですね。昨日までちょっとロシアにいたので…」とあいさつして会場は大爆笑。最後に二宮が「誰よりも映画の完成を楽しみにしているのは僕ら出演者じゃないかと思います。それぐらい、熱い作品になっていると思います。ぜひ楽しみにしていただきたいと思います」とアピールした。

 同作は現在、ポストプロダクションの作業中で、11月末に前編が完成予定。2011年1月と春に前後編の2部作で公開される。


◆映画ニュース 最新情報インタビュー

関連写真

  • 『GANTZ』の製作報告会見パブリックビューイングにサプライズ登場した松山ケンイチ 
  • 『GANTZ』の製作報告会見パブリックビューイングにサプライズ登場した(左から)松山ケンイチ、本郷奏多、山田孝之 

オリコントピックス